ロールズ フィルムシート行先原版シリーズ 無償版 8/22

 トミーテックさんが発売する「電照式行先方向板」LEDミニライト製品に最適化されたフィルムシートを印刷することができる「ロールズ フィルムシート行先原版シリーズ」、第7弾、第8弾をまとめてお届けします。この企画は、ロールズプロジェクト終了記念企画として9/10まで続きます。
 実は、過去に配布した幕専のうち806-01関西地区標準Part1というデータがあるのですが、このデータの範囲上絶対に入っていなければならない行き先「可部」が入っていないことが分かっています。幕専がもう廃止となるため、手当てできるタイミングがありませんでしたので、フィルムシート行先原版で可部(種別なしサイズ)と可部(種別ありサイズ)のテンプレート見本を投入し、これの代替とさせていただきます。なお、余った3つのコマには可部線に馴染みがありそうな行き先を入れておきます。もうひとつは、ちょっと趣向を変えて、1文字だけの行き先を集めてみました。西日本各線での列車のカラーリングが単色になってきているので、103系をイメージしたと思われるLEDミニライトでも、あまり違和感なく見ることが出来るかもしれませんね。
 
 フィルムシート行先原版シリーズは、A4サイズの透光媒体に印刷すれば、印刷するだけでLEDミニライト製品の交換用行先が完成します。製品に取付の際には、別途固定用のスライドグラスを用意されるか、または透明なシール媒体へ印刷のうえ、製品のLED窓部分に直接貼り付けてください。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓





 
 フィルムシート行先原版シリーズは、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム投稿への対策のため、日本語全角文字が2文字以上なければエラーとなります。