ミニミニ字幕原版ダウンロード第14弾「埼京線205系(創作)」

 こんばんわ、かんりです。ミニミニ字幕原版ダウンロード、第14弾です。
 
 今回は、痴漢日本一で有名(ry、もとい、東海道線と並んで強烈な混雑率で有名な首都圏の埼京線の205系の創作幕(40コマ)です。わたしも新入社員の時に、赤羽から新宿まで乗っていたのですが、7時台の電車には乗ることが出来ず(物理的に)いつも4時起きで5時台の電車に乗っていました。終着駅の池袋駅では自分の持っているカバンだけが人の波と一緒に自分より先に電車のドアを出て行ったり(意味が分からない!)、往生するわというのはこういうときに使う言葉なんだなぁとしみじみ思った事があります。気分が悪くて立つ事すら出来ない状態なのに、新宿駅の連絡通路から京王線の連絡改札機まで押し流されたこともありました。今では少しでもマシになっているんでしょうか??
 
 話が脱線してしまいましたが、今回分の内容をご説明したいと思います。車種は205系を想定し、恵比寿開業の後、大崎延伸とりんかい線直通がセットで開業せず、大崎折り返しがしばらく続いたという架空設定で作成しました。青梅五日市線の運用コマがカットされ、八高線の運用分だけが前半コマに入り、恵比寿以降の空きコマに大崎関連が投入してあります。重複する南古谷については後ろのものが白コマになっていますが、川越は重複したまま残してあります。前半の白コマには「池袋←→赤羽」の相矢コマをオマケに投入しました。
 アルファベットが小文字化とバーコード70コマ対応で、りんかい線に対応の後期サハ幕については、別途作るつもりでいますが、殆んど全てのコマが幕専として未作成のため、相当先の話になると思います。恵比寿以前の埼京線の幕は南武線などのコマが入っていましたが、今回分には入っていません。南武線の旧国鉄書体幕は、首都圏標準70コマのものを作成するので、それで代用していただきたいと思います。暇があれば別個で山手線の短絡幕と、南武線の短絡幕は作るかもしれません。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると14枚になります。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓

 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。
 
 次回は、鎌倉車両センター209系横浜線(創作)の予定です。車両からして架空設定の創作幕、内容は横浜線の緑幕+京浜東北線209系のコマになります。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第14弾「埼京線205系(創作)」” への2件のコメント

  1. 今では埼京線はほとんどがLED車ですので見慣れないという感じですね。
    通勤路線(貨物線?)ということでバリエーションは少ないですが、オレンジで小さく入った“りんかい線直通”は早く見てみたい気もします・・・?

  2. お疲れ様です。りんかい線対応版ですが、西日本黒幕用の幕専のために作った小文字が転用できるので、あとは経由標記用の圧縮漢字だけ作ればできるのですが、まだまだ先になりそうですね。資料としては現物をお借りできているので、あとは作文作業だけです。ただやっぱりアルファベットが本来とは異なるので、?な雰囲気になりそうではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム投稿への対策のため、日本語全角文字が2文字以上なければエラーとなります。