ミニミニ字幕原版 第3弾 中央快速線201系

みなさん、こんにちは。ロールズのかんりです。

 ミニミニ字幕原版ダウンロードサービスの試験運用、第3弾は、中央快速線の201系です。今回はほぼフルスペック後期仕様の側面幕に、おまけ3コマを追加した仕様です。本物の版を単に縮小した某社製品がありますが、ロールズの原版は全文字を1画づつ再調整・アウトライン化・再組み立てしていますので、たぶんどこの製品よりも綺麗に印刷できると思います。またE233系等でハイフン組が標準となっている旧国名入りの駅名には、これを踏襲してハイフンが入っています。
 廃版となった幕専の011-01と、これで足りない「相模湖」などのコマを追加した作業用幕専を使用して出力しました。幕専便利だったんですけどね・・・、確かに面倒なんですよね。この1本の原版用Excelファイルの作成とPDFチェックまでに4時間かかりましたから、ちょっと嗜む程度という訳にはいかないですね。休日の4時間というと結構大きいです。ミニミニ字幕原版を使えば、ただ印刷するだけですから簡単だと思います。是非使ってみて下さい。
 
 ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると22枚になりますが、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。70コマのフルサイズですので、A4縦を30cmとすれば余白も含めて約660mm(つまり約7メートル)の長さを誇ります。インクの使いすぎにはご注意下さい。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。
 

 
 本物や他社製品と区別できるようにするために、3コマのオマケのコマが入っています。該当するのは63番の「上諏訪」、68番の「東桂」69番の「各駅停車東桂」です。スターマインやナイアガラは入っていませんので、欲しい方は印刷したものの56番と70番に空きコマがありますから、そこにカッティングシールなどで追加して下さい。市販のポップ書体ですから、ロールズとしてはアウトライン化や幕専化はしませんでした。
 
今後も継続して、ミニミニ字幕原版シリーズを追加していきますが、もし、リクエストやご提案があればコメントをお願いいたします。
 (前回、前々回の武蔵野線205系と南武線205系のPDFについても、細かな点の修正をして再アップロードしましたので、最新版に更新したいという方は再度ダウンロードをお願いします。種別と行き先の間の空白の厳密調整と、終端標記の文字サイズなどを変更し、メタ情報を追加しています。)

 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず配布を伴う用途に使うことはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。守っていただけない方や、団体、企業さんが出てきたときには、また幕専の時と同じように「一般公開中止」の可能性があります。宜しくお願いいたします。
 特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム投稿への対策のため、日本語全角文字が2文字以上なければエラーとなります。