東海地区標準(1~2) 創作コマのご紹介 Part4

かんりです。今日も東海地区標準2データからのピックアップをメインに書いていきます。

1.松阪

キハ11系にのみ設定があるものの前面、山陽式の幕ですから図面も違うようです。文字の形を見る限り、客車列車ベースの文字を当てようとしていた様に見受けましたので、ここは客車側面の似た文字を当てる方が良さそうだという結論に達しました。12系客車幕から「松本」+「大阪」です。全く関係のない話ですが、大リーグで活躍している日本のピッチャーは「松坂(まつざか)」さんですが、こちらは松阪(まつさか)駅です。

 

松阪

松阪

2.多気

紀勢線が電化されていて、109系なんかがたくさん走っていたらこんな多気行きの側面表示が見られたのかもしれない。実車では前面しか方向幕がないことと、書体も異なります。側面タイプなら恐らくこうなったであろう、「博多」+「和気」の構成です。紀勢東線が電化路線だったら?、そんなシチュエーションのレイアウトを作成される際には、是非ロールズの幕専をご利用下さい。

 

多気

多気

3.二見浦

不思議なのは「二見ヶ浦」ではないことです。「ノ」や「ヶ」が無理やりにも入れられている駅名は多いのに、この二見浦だけは「が」を省略して3文字駅名になっています。面白いですね。「二」は二戸から、「見」は鶴見から、「浦」は土浦から。「見」の字が跳ねているので、浦は「南浦和」タイプを当てたほうがいいかもしれませんね。リリースまでに結論を出したいと思います。

 

二見浦

二見浦

跳ねない浦は土浦タイプ(415系側面)

跳ねない浦は土浦タイプ(415系側面)

跳ねる浦は南浦和「103系側面」

跳ねる浦は南浦和「103系側面」

 
4.三瀬谷

こちらもキハ11系の前面には存在します。しかしチョイスされている文字形は異なります。幕専では「三石」+「河瀬」+「南小谷」で、オーソドックスな雰囲気となるようにしました。瀬の字がいくつか例があって、それぞれで質感が異なるので選ぶ時は全体との兼ね合いで。谷も同じくですが、こちらは極端に雰囲気が違う例が2例。キハ11系の前面の場合、谷は「谷浜」で使われているものに近いようです。ただし、見た目は同じようにみえますがトレース目標として輪郭を重ねると別物だったので、参照図面は同じだけれども版が違うというパターンなのかもしれません。

 

三瀬谷

三瀬谷

キハ11系 前面 三瀬谷

キハ11系 前面 三瀬谷

115系側面 谷浜「谷はこのタイプか」

115系側面 谷浜「谷はこのタイプか」

 
5.紀伊長島

さらにこちら紀伊長島もキハ11系の前面がありますが、かなり微妙なので参考まで。。側面4文字タイプとしては紀伊田辺や紀伊勝浦という例があるので、「紀伊」はここから取りましょう。「長」は4文字駅名タイプでは稲城長沼が、「島」も4文字駅名タイプとしては西鹿児島があります。とりあえず切り貼りだけでいけそうです。ローマ字が配置されていればさらにそれっぽく見えるところなのですが、作業工程上、ローマ字との合成は最後ですので完成間近まで見ることは出来ないのです、すみません。

紀伊長島

紀伊長島

キハ11系 前面 紀伊長島 少しいびつである

キハ11系 前面 紀伊長島 少しいびつである

というわけで今日の5コマはここまでです。普通の模型シール屋さんでは、本物しかあまり作らないので、紀勢線の客車幕で「伊勢市」「新宮」「紀伊勝浦」はあっても、国鉄書体で電車幕タイプの「多気」や「三瀬谷」「松阪」というものはたぶん作らないでしょうから、そういう脳内シチュエーションで模型を楽しむ方々にとっては役に立つと思います。また、東海地区の気動車は前面幕に種別ではなく行き先駅名を表示するものが多いです。東海書体の代替として、これらコマを使うという手もあるでしょう。ローマ字さえ小文字に置き換えてあげれば、模型レベルではそれほど違和感がない仕上がりにはなると思います。明日で東海地区標準はピックアップ終了ですそれではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム投稿への対策のため、日本語全角文字が2文字以上なければエラーとなります。