国鉄方向幕書体を会社で使用し法的事案発生

国鉄方向幕書体を、会社で、決裁を経ずに使用していませんか?

決裁権限のない社員の身でありながら、国鉄方向幕書体を会社で使用していませんか?

特にv1.3xの旧版を、未だに使い続けていませんか?

 国鉄方向幕書体は、企業内で使用される場合「旧版でも」法人契約です。つまりインストールした時点で、会社の許可があったものとして、会社で契約した形となります。雑誌についていたからといって、フリーソフトだと思って使っていませんか?。ちゃんと使用許諾条件に上記のことは全て書かれています。きちんとお読みになっていますか?

 現時点で旧版v1.3x以下を使用されている場合、その使用許諾条件の規程によるところから、違約使用料は2015/09/30から月額21800円税抜の日割り総計となります。本日2018/04/07までの違約使用料を計算しますと、21800円の31日の日割りで日毎703円、これが920日間ですので、703円×920日=646,760円(税別)になります。

 もしご自身の間違いに気が付かれたなら、今すぐ国鉄方向幕書体はアンインストールしましょう。ロールズからのお知らせでした。

(STOP! THE 著作権法違反、啓蒙キャンペーン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム投稿への対策のため、日本語全角文字が2文字以上なければエラーとなります。