国鉄方向幕書体 期間限定ダウンロードのお知らせ ならびに年末ご挨拶について

2017年も、ロールズをありがとうございました。
 
 2017年は、これほど残念な年はないだろうというくらいに残念な年でした。国鉄方向幕書体の公開停止の他にも、12月でホームページを閉鎖することも考えたほどです。ただ一言いいたいと思うのは、自分勝手な人間が増えたと心底感じる世の中になったということ。自分さえよければいい、まず自分のことを押し通そうとする、相手を気遣うという当たり前のコミュニケーションが全くできない、そんな人間ばかりが増えたと感じた一年だったように思うのです。
 世の中が荒んでいるからなのか、日本の国のモラルが落ちている。いろんな報道を思い返しても、「ああ、自分の周りだけではないんだな」と思うところが多々ありました。来年はもっとひどくなるのではないでしょうか。年が変わっても人間は何も変わらないのですから、良くなる要素が見つかりません。ただそう思いながらも、世の中が少しでも良くなればいいのにと、抵抗するような気持ちで思案する次第です。
 
 さて、毎年恒例の年賀状イラストPDFですが、今年に限りまして「国鉄方向幕書体v1.35TOKA」をバンドルしています。これは、国鉄方向幕書体の公開停止に十分な予告ができなかったところを考え、救済を兼ねた最後のダウンロードとして設定するものです(公開停止前の最新版)。現時点では次版のリリースが来年1月以降になることと、リリース発表より60日間は既存版のライセンスが有効になるという点から、最短でも2か月間はそのままお使いいただけると思います。ただし、新版リリース後はライセンス上ご使用いただけませんので、それまでの代用とお考え下さい。以下のイラストをクリックしていただきますと、年賀2018セットとして、年賀状イラスト・Wordの年賀状宛名ひな形、国鉄方向幕書体v1.35TOKA がダウンロードできます。年賀状の返信用にどうぞご活用下さい。
 
なお、本ダウンロードは、2018年1月5日23:59:59までの期間限定とさせていただきます。「国鉄方向幕書体をダウンロードしようと思ったら公開停止していた。」「パソコンが壊れてしまって国鉄方向幕書体が使えない。」そういった方は、このダウンロード期間をご活用いただければと存じます。これより先、もうこのような救済措置はありませんので、お友達にも是非教えてあげて下さい。[2018/01/06 4:08追記:終了しました]
 
 ロールズのホームページがあるmakufontサーバーは自前設備で、とても非力なハードウェアです。また、コスト上の問題で現在でもADSL回線を使用しています。ダウンロードが込み合う場合や処理がたてこむことを想定して、レジューム機能のあるダウンロードソフトをご使用いただくようおすすめします(ブラウザではFirefoxがレジュームに対応しています)。
 
 それでは良い年をお迎え下さい。
 
いっぬ

国鉄方向幕書体 期間限定ダウンロードのお知らせ ならびに年末ご挨拶について” への4件のコメント

  1. あけましておめでとうございます。いつも愛用させていただいております。公開停止となり理由を見て「仕方ないか」と思っていましたが、まさか今回再公開するとは思ってもおらず正直驚きました。色々な人がいるかと思いますが、これからも開発頑張ってください。応援しております。今年は良い一年になりますように…

    • ありがとうございます。本当に今年こそは良い年になればという切実な気持ちです。今回の救済ダウンロードの間は、「ダウンロードできない」とか「解凍の仕方が分からない」という問い合わせが0件でした。いつもなら必ず何件も来ますので、そういった意味では幸先の良いスタートだと信じたいと思います。昨年できなかったことは今年やり遂げるつもりです。本年も宜しくお願いします。

  2. 通りすがりの、というか不定期的にお邪魔させていただいている者です。

    > 自分さえよければいい、まず自分のことを押し通そうとする、相手を気遣うという当たり前のコミュニケーションが全くできない、そんな人間ばかりが増えたと感じた一年だったように思うのです。

    国鉄フォントの非公開・有償化・期間限定公開云々など、まさしくそのとおりだと感じた次第です。

    • まず公に名前を名乗るおつもりがなければ、口上は不要です(挨拶になっておらず意味がありませんので)。
      ロールズは営利団体であり、国鉄方向幕書体は10年以上前から「有償前提」で開発しているフォントです。
      非公開については目下の営利活動を正常化するため、有償化はサポート工数の削減のため、期間限定公開は毎年の年始サービスの一環です。
      投稿そのものはありがたく頂戴しますが、貴殿のご指摘は当たらないと存じます。
      むしろ、無償とすることで貴殿のように間違った認識をされた方を大量に生みだしたという点では、それが間違いだったことは明らかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム投稿への対策のため、日本語全角文字が2文字以上なければエラーとなります。