私鉄各社版方向幕画像データベースのパイロットリリースについて

みなさんこんにちは。ロールズの辻本です。

大変お待たせしました。私鉄各社版の方向幕画像データベースの公開にようやくこぎつけました。一部ダブりコマもありますが、2500コマ以上の登録になっています。既存書体で作られた最近のものではなく、写植ベースと思われる独自の書体が分かるものが殆どです。現在30歳を超えている方が懐かしいと感じるレベルの時代のものがメインになります。

実はロードマップ死守のため(すみません、すでに守られていません…)、撮影が完了していない方向幕があり、その分が未登録です。京王6000系の旧書体、近鉄南大阪線のローマ字なし前面幕、西日本鉄道旧書体、この辺りが追い付いていません。しかし、現時点でも見ごたえはあると思います。例えば、種別を「準急」に、駅名を「甲子園」にすれば、阪神電車のローマ字併記有無の新旧2コマを比べることができます。「押上」で検索すると、押上駅の設定をもつ各社の幕が一気に出てきます。

国鉄幕DBと異なる点として、会社名が一覧表示に反映されます。また、原版撮影の時点からDB登録を前提に蛍光灯照射をせずに撮影しましたので、かなり文字が鮮明です。長い長い通勤時間をスマホでずっと遊んでいられるだけの数は入っています。

代表的なところとして、関東では「東武」「東急」「西武」「京王」「小田急(種別のみ・行先は現在撮影データ加工中)」「京急」「京成」「都営」など、関西では「近鉄(ローマ字併記あり・なし)」「阪神(ローマ字併記あり・なし)」「阪急(ローマ字併記あり)」「南海(ローマ字併記なし白幕)」「神戸電鉄」「山陽電鉄」など。中部地区は「名鉄」が行先種別ともに本線クラスの1セットだけ入っています(バリエーションがありませんが…)。

この時代のものは、どの会社の幕もかなり似通ったレタリングの丸ゴ調ですが、関東では東武だけがぶっ飛んでいて、どこからどうみてもバス幕で使われている字体です。関西では近鉄が徹底した丸ゴシック拒否を貫いていたようです。ローマ字ありとなしで、字体も刷新されています。

なお、「快特」で検索しても何も表示されないと思っていらっしゃる貴方に朗報です。もともと種別と行先が別のロールになっているものは、別に撮影していますので、一番最初の「種別のみ」にチェックを入れないと出て来ません。この系統は、名鉄、京阪、小田急、京成、京急、都営、京王などにも及びます。しかし、前面のみが種別行先に分かれ、側面は一体のタイプもあり、これらについては側面データのみが登録されているものが多いです(前面のものを手に入れることができなかったりして、データが存在しません)。その他、各停は各駅停車で、区急は区間急行で、臨は臨時でといった具合に、ふるい分けの為に略称ではない名称で登録されています(区間快速急行は例外として区間快速に統一されています)。近鉄の旧国なしコマはそのまま入っていますので、河内長野ではなく長野、河内天美ではなく天美で検索して下さい。なお旧国入りの最近の幕は入っていません。

簡単なチェックは実施済ですが、もし明らかにバグだと思われる結果が出る等がありましたらお知らせ下さい。徹夜の突貫でやっつけたところも多いので(特に2635行のSQLを作成していた辺り…)、コメント等でお知らせ下さい。私鉄DBが何とか形になったので、幕書体対応に注力したいと思います。現時点で遅れが見込まれますが、がんばります。

P.S.
国鉄幕DBの方にも、117系東海地区の側面行先幕1本分のデータが投入されました。木曽福島や鷲津などと検索していただければ、一番最後に出てくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム投稿への対策のため、日本語全角文字が2文字以上なければエラーとなります。