国鉄方向幕書体(無償版)天文気象対応 v1.3(FR-3)について

ロールズでは、2015年第一四半期リリース予定としておりました国鉄方向幕書体(無償版)天文気象対応v1.3(FR-3)につきまして、開発に着手いたしました。

天文用語・気象用語を表現する場合に必須となる文字の追加対応です(これは我が国の国語施策の現状にて常用表現の枠内に収まるものを推奨)。洗い出し作業により、「αβγδζ閃矮塵溢(靄雹凪霰擾霙)」以上16文字の追加を予定しております(カッコ内は非推奨文字ですが、商品名や季語・地名用としても有用のため特別に実装します)。ギリシャ文字の実装は、専門用語の表現上必要となる一部小文字のみを予定いたします。この分野で国鉄方向幕書体をお使いの方で、実装予定15文字以外に実装を希望される文字がありましたら、当記事のフォローにてご指摘・投稿いただければと存じます。前述の15文字は実装が保証される文字の告知となり、これ以外に実装される文字があり得ます。天文気象分野以外でも、一般的な学術上の表現で必要となる文字・アカデミック関連・一般の掲示告知類として必要となる文字なども受け付けます。平素お使いいただいている中で、「せめてこれだけあってくれれば」と思われる文字の追加をご要望として当記事のフォローにて投稿下さい。なお、JIS第一水準の全文字については、現状実装されていない文字すべてを有償版にて実装予定です。

天文気象対応v1.3(FR-3)の開発着手に伴い、現状のバージョンv1.2(FR-2)は公開・配布ともに収束とさせていただきます。従来のライセンス同様、新版リリース後の旧版の使用は、旧版ひらがな使用のためにv0.07xへダウングレードされる場合を除き、認められておりません。v1.3(FR-3)リリース後は、v1.2(FR-2)【1.2b書籍向け文字追加版を含む】以前のバージョンはご使用いただけなくなります。v1.3(FR-3)から、使用許諾条件にも改訂が実施されます。詳細は後日ご案内いたしますが、現在のv1.2(FR-2)【1.2b含む】と異なるライセンス条件が設定される見込みです。

v1.2(FR-2)のダウンロードは、2015/04/10終日までとさせていただきます。ご承知おき下さいます様、お願い申し上げます。v1.3(FR-3)のリリースにつきましては、v1.2(FR-2)の公開終了後2週間以内を予定しております(当初より1か月程度の遅れ)。リリースの準備が整い次第、あらためてご案内いたします。