方向幕画像データベース更新!800コマ以上追加!

みなさんこんばは。お待たせしました。方向幕画像データベースのデータ追加・更新をお知らせします。
 
 今回の更新で、検索種別に「新快速」が追加されました。また、800コマ以上のデータが追加登録されています。まだまだ足りない資料がたくさんありますが、これでも単独で公開されているデータとしては最多クラスではないかと思います。
 データコマ数は8000コマを超えました。重複もありますが、同一サンプルではないので、微妙に違ったりしますから、注意が必要です。東海地区のデータが不足していましたが、幅狭幕を中心に色々と揃ってきました。
 
 新しいデータ追加によって、より資料性が増した方向幕画像データベースをお楽しみいただくために、おすすめ検索条件をご案内します。
 
 
① ローマ字ルビ「あり(小文字)」 + 列車種別「快速」 + 表記駅名「新宿」
 
 この条件では、埼京線205系、臨時快速の183系、国府津E217系(今回新規追加!)のデータがヒットします。ローマ字のルビに注目して下さい。205系と183系は同じなのに、E217系だけは違った書体になっています。Jの文字の処理に大きく特徴が現れています。枠ロゴも何だか不思議な体裁です。
 
② 列車種別「ウイング」
 
 今回のデータ追加で、ウイングエクスプレスとウイング踊り子が追加になっています。ウイング、ウイングあずさ、ウイング踊り子、ウイングエクスプレス、色々なウイングを見ることが出来ます。
 
③ 表記駅名「▲」のみの入力でワイルドサーチON

 今回のデータ追加でおまけ的に投入された、JR東海のエキスポシャトル対応幕の一部コマ、新しい三角矢印のコマを見ることが出来ます。エキスポシャトルを検索される場合は、列車愛称に「エキスポシャトル」だけを入力し、ワイルドサーチONで検索して下さい。
 
④ 表記駅名「←→」のみの入力でワイルドサーチON
 
 今回のデータ追加によって、京葉線や武蔵野線の営業開始当初の矢印幕や、常磐線103系の前面矢印幕、相模線の非電化時代の矢印幕などが追加されました。現在収録されている矢印幕をすべて見ることができます。色々なコマがあって濃い内容ですので、是非検索してみて下さい。
 
 
いかがでしょうか。鉄道趣味家の方なら、通勤時間の退屈な車内でスマートフォンで検索してみたり、楽しめると思いまし、文字サインに興味がある方にはより堪能していただけるかと思います。
是非ご活用下さい。