ミニミニ字幕原版ダウンロード第30弾「小山電車区107系前面」

 ミニミニ字幕原版ダウンロード第30弾は、日光線の107系前面です。103系からの改造105系等とは異なり、前面幕も側面と同じように横長の表示域を持つ車です。その特徴として顕著なのが、前面の幕だけ不自然に「FOR」がないことです。これは例えば103系や211系の前面幕でも同様で、千葉幕張の113系もそれに倣っていましたが、こと107系の場合は本来そこにあったFORだけを消したかのように、併記アルファベットが右へ寄っているのです。これを再現した上で、ネット上でコマ順を調べ一通り埋めてみたものが今回公開したものになります。コマ順はかなり実物を意識しています。
 実物を確認できないので、快速コマについても側面の体裁からFORだけを消したものにしました。実際にはどうなのか分かりませんので、もしかすると創作色が濃くなっているかもしれませんが、そのあたりはご容赦の程を・・・。現在では毛筆体の色地幕が普及しているようなので、国鉄書体については絶滅したのでしょうか? であるとすれば寂しいですね。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。