ミニミニ字幕原版ダウンロード第12弾「勝田電車区48x系ひたち」

 こんばんわ、かんりです。ミニミニ字幕原版ダウンロード、第12弾です。
 
 今回は、勝田電車区48x系ひたち号の創作幕です。後期の枠ロゴコマや水戸観梅のあるタイプではなく、初期に近いコマ順を元に創作コマを含む内容で調整しました。
 
 関西の特急くろしお号の初期幕では、普通運用のコマには種別に普通を用い、行き先の漢字は一般車用の幅のもの(少し横幅が広い)が用いられていたことから、今回のひたち号の創作コマにはこれを厳密に適用しました。例えば、ひたち号の高萩行き(12番)と普通の高萩行き(31番)を比べてみて下さい。12番が特急幅の行き先漢字を使っている一方、31番は415系などの一般車両の方向幕用の漢字を使っています。元になる図面が全く異なることによる変化です。幅だけではなくレタリングも異なっていますので、興味を持たれた方はその他の普通のコマも比べてみて下さい。
 現物では「勿来」のコマは相矢コマしか存在しませんが、幕専811-01首都圏中電1の未リリース開発中止の残骸中に勿来が存在したので、これを流用して1コマとして入れてあります。そのほか、いわきのコマは、現物では既存書体のため、国鉄書体へ変更してあります。最後の余ったコマには、創作のLスーパーひたちを投入しました。よりにもよって長距離のスーパーひたちに、アコモのアの字も無いようなボンネットとは何事か!と叱られそうですが、今だったらマニヤ垂涎の的かもしれません。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると14枚になります。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓

 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。
 
 次回は、岡山電車区103系(70コマ一部創作)の予定です。