東北地区標準1 創作コマのご紹介 Part2

かんりです。今日も東北地区標準からいろいろとピックアップしていきたいと思います。

1.堺田

 仙石線や、701系の走る地区については側面幕の素材には困らないのですが、LED車しかいないとか、気動車しかいないところとなると、文字からすべて手作りしなくてはいけないコマが出てきます。というわけで、堺田ですが、「田」は使いまわします。問題は「堺」、土へンは「城」から改変することにしました。「界」部は、法界院の「界」をモチーフとしていますが、これがまたかなり異端な格好をしているので補正しました。バランスを取るのがすごく難しい文字だと思います。ちゃんと様になったかどうか・・・。

堺田

堺田

2.気仙沼

 気動車しかいません。しかしその割にこの地区の気動車には前面幕に行き先を表示するものがあります(全国一般的に気動車は種別のみを表示していて、行き先や区間は側面のサボに記載されるようです)。気仙沼は前面ローマ字なしとして例が存在します。しかし全国企画幕専はあくまで電車側面をベースに踏襲していますので参考までとしました。「気」は和気から、「仙」は仙台、「沼」は沼津タイプを採用しています。この地区に701系が走っていたら、こんな感じだったのかもしれません。

 

気仙沼

気仙沼

3.本吉

 こちらも同様の例です。気動車前面にローマ字なしの例だけが存在します。幕専では12系客車から「松本」+「人吉」で対応しました。「本」を本庄と同じくすることも出来ますが(こちらのタイプのほうが例が多い)、参照したのが図面なのだという脳内設定で考えると、ここは12系で揃えた方が自分が納得できます。ちなみに瀬戸内115系の図面だったと仮定しても「(本)郷」+「(吉)永」で、前述の12系と文字は同じになります。本庄、杉本町と同じタイプの「本」を使うと、じゃあ「吉」は別に持ってきたことになってしまい、なんとなく納得できないのです。同じところから引っ張ってきたと考えるほうが合理的です。701系の本宮は、この12系タイプの「本」です。一般の人には何がどう違うのか分からない世界だと思いますが。

 

本吉

本吉

「本」は12系松本から

「本」は12系松本から

「吉」は12系 人吉から

「吉」は12系 人吉から

「本」のデザイン違い 本庄、この字の例は他にも沢山ある

「本」のデザイン違い 本庄、この字の例は他にも沢山ある

4.盛

 一文字駅名です。もし仮に実在していたとしても、盛岡から「盛」字を使いまわすだけだったでしょうから、この通りになっていたのではと思います。1文字駅名はいいですね、変に引き伸ばして大きくすることなく、広い横幅にポツンと真ん中に収まっているのがまた何ともいえません。ひらがな書き3文字の「さかり」も別に収録されますから、大船渡線が電化して701系が走っているという設定でも十分対応可能になっております。

盛

少ないですが、今日はここまでです。明日も引き続き東北地区標準のピックアップでお楽しみ下さい(何が楽しいのかと言われかねない^^;)。