東海地区標準(1~2) 創作コマのご紹介 Part2

かんりです。東海地区標準の創作コマのピックアップ2日目です。
もっと早く全国企画幕専がリリースできていれば、秋の夜長は幕専で遊び放題のはずだったのですが、極めて無念です。わたしの気力と根性が足りないのが最大の原因でしょう。「誰にも真似の出来ない仕事をする」とか言ってた割にはダラダラし過ぎているのではないか、こうご指摘を受けても仕方がないと思います。申し訳ないです。

気持ちを切り替えて本日分行ってみます。

1.西小坂井

 「にしこさかい」だと思っていたので、それで変換をしたら無茶苦茶になりました、さすがIME。正しくは「にしこざかい」ですね。「西」は西鹿児島から、「井」は特急2文字タイプの福井から、「小」「坂」は2文字サイズからの調整です。駿河小山の「小」を当てるかどうか、全体の雰囲気から一応こちらの文字をあてました。坂は西日本L特急データを作ったときの「坂出」から転用です。

 

西小坂井

西小坂井

2.高塚

 国鉄書体では設定のなかったコマ、高塚です。高も塚も頻出中の頻出ですから悩むこともありません。「高槻」の高と、「平塚」の塚で対応しました。どちらも東海道本線ですね。こうして、良く目にした文字だけが2文字で肩を並べると、さも実際に存在したのかと思うような感覚があります。取って付けての切り貼りでも十分機能し、さらにインパクトのある文字です。さすが国鉄書体の図面ベースの文字は違います。

 

高塚

高塚

3.八草

 万博八草を投入するコマがありませんでした。「っ」に投入という最後の手段もあるにはあるのですが、出力用アプリケーションを作成するつもりなので、なるべく全データで配置は統一して共通化したいと思っています。「八」は八王子から、「草」は草津から。切り貼りですが独特の質感をかもし出しています。

 

八草

八草

4.瀬戸口

 ちょっと悩んだものがこちらの1コマ、瀬戸口。持ってくるところは、ここしかないでしょう、山陽本線の瀬戸。実は山陽本線の瀬戸のコマには2通りあります。どちらで対応するか、そして最後に「口」がつくわけですが、この「口」とのバランスもあります。色々と悩んで「口」は篠山口から、瀬戸は瀬戸内タイプの瀬戸を当てました。このタイプの「瀬戸」は実例もかなり少なく(加刷の多いものにしか存在しない?)、異端とされても仕方のないものなのですが、文字があまりにも秀逸なため、わたしの独断と偏見で採用となりました。

 

瀬戸口

瀬戸口

115系 瀬戸(瀬戸内タイプ)

115系 瀬戸(瀬戸内タイプ)

115系側面 瀬戸(103系にも見られる)

115系側面 瀬戸(103系にも見られる)

 
5.東田子の浦

 実は路線データの東海道本線Part1の伊豆急行分離更新アップデートの際に、静岡までの各駅が入っているので「東田子の浦」については再出になります。ただ全く同じなのも面白くないので、東海道線データからさらに若干配置などを補正しました。113系がこの国鉄書体の「東田子の浦」を表示したらインパクトはすごかっただろうなぁと思います。なお、国鉄書体では設定がありませんが、東海書体の幕にはこの「東田子の浦」が設定されているようです。

東田子の浦

東田子の浦

 というわけで今日はここまで、続きは明日になります。それではまた。