丸ゴシックのバリエーションを楽しむ

かんりです、こんばんは。
今日の話題はまたバス幕に戻ります。

 色々と集めている丸ゴシック、いくつかのバス幕を撮影し精査していくうち、どうやら主流となる書体が2つほどあるのではないかという仮説に行き着いています。いずれもわたしは「谷」の字を精査の規準にしています。バスの方向幕には、この「谷」の字がかなり多く現れてきますが、「橋」と違って画数が少なくて見やすく、左右払いの兼ね合いから字の幅を確定するのが難しい文字なので各書体に独特な特徴が現れやすいようです。他にも「小」や「島」なども頻出かつ字の大きさ調節が難しい文字なので、いろいろと目安になります。資料として購入する以上、数打ち当たるでは困ります。前もってこれだと確信できないと、出費の覚悟はできないというものです。

 そんなバスの丸ゴシックですが、2種類の書体で同じ行き先がプリントされた幕を見つけました。撮影したコマを掲載しますのでご覧下さい。これは都営バスのようですね、面白いです。幸運なことに、頻出漢字である「東」「島」「駅」「橋」「小」「役所」といったところが一堂に会しています。さらに別のコマでは「谷」が出ていました。1枚目の書体の谷を上に、2枚目の書体の谷を下にそれぞれ掲載しましたのでご覧下さい。わたしが今、熱心に探しているのは上タイプなのですが、確かに遠目や小さな写真では見分けがつかない資料も多い中、こうして「谷」の字さえ見つければ絶対と言える確信が得られるのです。
 この谷の字、各書体によって大きな特徴が出るようです。最近よく使われる丸ゴシックの市販書体になると口が大きくなります。国鉄の電車方向幕に使われてる字体でもいくつかありますが、かなり特徴的です。原因としては冠(または天辺となる横棒)がないので上下幅が他の文字に比べて低く見えがちなので、上の2点の処理がシビアになること、そして先にも書きましたが左右の払い、これが短いと全体的に小さく見えてしまうため、正方形の中にデザインするときこれは非常に難しいのです。
 バランスを調整するには払いを伸ばすか、口を広げるか、ナール体は払いの曲線を抑え口より上の高さを上げることで対応しているようです。前述の丸ゴシックでも、1枚目の書体では払いを長くして対応、2枚目の書体では口を高くして払いを2点ぎりぎりまで上げて対応しているようです。レタリングの傾向と対策といったところでしょう。同じような調整を要する文字としては、「名」も難しいです。

 普通に生活し、普通に読み書きする分には「文字のかたち」などどうでもいいと思います。ただ、一度でもこの「文字を見る楽しさ」に取り付かれてしまうと大変です。文字そのものに目が行ってしまうのですね。ただ単に「書体専門」のフリークもいますが、より広く、そして構図という概念を重視する人達は、サインフリークになっていきます。LEDという限られたドット数の中でいかに表現するかとか、どうでもいい細かいことが気になってしまいます。切符に印字された全体の構図を見て一喜一憂し、古い定期券を見てニヤニヤしてみたり、いわゆる切符収集の趣味家にも「その気」がある人がいらっしゃるものと思います。
 構図鑑賞の最たる例が、牛乳キャップです。同じ大きさの真円の中に、絶対条件である「公正ロゴ」そしてその他をいかにデザインするか、ここが面白いわけです。その手の通になると、酒瓶の蓋のロゴを集めたりとか。同じような例としては、マンホールのデザインも該当するでしょう。あるいはそこから市町村章というロゴの世界に入っていく人もいるようです。
 わたしの場合は文字レタリングと構図というかなり広い世界を上から見ているようなイメージなので、牛乳キャップしかり、方向幕しかり、ビックリマンしかり、街区表記しかり、交通標識しかり、いろいろな趣味世界にまたがっているようです。

 さて、また話が脱線してしまいましたが、最後に同じ都営バスの幕の1コマを紹介して終わりにしたいと思います。5枚目の画像になりますが、よーく見てください。どうですか?お気づきになられました?、ええそうです。リハビリテーション病院のローマ字併記です。
 まさかの「E」に長音符号も異例ですが、この表記であれば英併記する意味がまるでないと言わざるを得ないですね。これぞ蛇足の王様といったところでしょう。しかも日本語表記は縦書きの2行が左から右に折り返すという意味不明さです。日暮里駅は、NIPPORI STA.とされていたのに、どうしてリハビリは・・・と言いたくなります。統一性がないとこうなってしまいますね。実際にホームページのドメインを見てみたのですが、「www.tokyo-reha.jp」。東京リハ・・・。先日の記事ではないですが、この場合「必要最低限」が成ってないといえますね。
 サインとはどうあるべきか、考えされる1コマでした。それではまた。

都営丸ゴシック1

都営丸ゴシック1

都営丸ゴシック2

都営丸ゴシック2

都営丸ゴシック1の「谷」

都営丸ゴシック1の「谷」

都営丸ゴシック2の「谷」

都営丸ゴシック2の「谷」

Eの長音符号は異例である

Eの長音符号は異例である