愛称板幕専アンケートの集計結果について

こんばんは。額田管理(かんり)です。

 愛称板幕専アンケートを一旦締め切りました。このアンケートでは、愛称板を表現できる幕専の開発前提として広く皆さんから収録愛称を募集してきたものです。わたしが鉄道に疎いため、愛称それぞれの重みが分からず、まずは広く皆さんに愛称を投入して頂いて、その後、投入された愛称の数や内容を見ながら、開発の企画を練っていくということで実施していました。
 今回のアンケートで、上野口「83」個、東京口「95」個のデータが最終的に残っています。ただ、途中で荒らし行為があったりした関係で、もしかすると一部抜けている可能性もあります。まったく鉄道に関係のない文言など、分かる範囲では取り除きましたが、まだ残っていればご指摘をお願いしたいと思っています。

 まず幕専の仕様から、投入できる愛称は1データに対し「147」個であることが固まっています。その上で、前述のアンケートで挙げていただいた数を見ますと、上野で1データ、東京で1データにするには、投入コマが大幅に余るという無駄がありますので、今回は83+95から重要度の低そうな愛称を削っていき、最終的に147個にするという方向でやっていこうと思います。上野と東京の別々のアンケートに投入されていた重複データについては取り除いてありますが、「さくら」と「櫻」のような例については残っています。この辺りも、検討と精査が必要でしょう。

 今後の作業ですが、またしても生憎わたし自身が鉄道に疎いということもあり、取捨選択の案やご意見を広く頂きたいと思っています。目標は147個に収めることですので、ほぼ添削作業になると思います。わたしの知識のレベルから見ても、たとえば東京口の方に上がっている「はまかぜ」は東京と関係があるのか?といった疑問や、「快速急行」?という特に愛称ではないものがあったり、逆に「関西観光」「九州観光」といった観光系がないというのも不思議に思っています。実質的に「快速」関連は全部削ってもいいのかなという思いもあります。

 デザインが完全にオリジナルとなるので、この愛称板幕専で印刷したようなレプリカ愛称板が出回るという心配は恐らくないと思います。従って、このデータについては郵送だけではなく、メール添付やネット公開もできると考えています(実施するかどうかは未定です)。現業機関の皆さんにとってもあまり意味のないデータになる(廃止された愛称が殆ど、そもそも愛称板を用いる場面も殆どなくなってきている)ということを考えると、その用途は恐らく「鉄道模型」のみになるのではないかと考えていますが、他にもアイデア次第で遊べるものになるかもしれません。元をたどれば、客車列車は愛称を愛称板で、行き先を字幕で表示していたという事実から、幕専815の補足データ的な意味合いをもったものとなります。そういった意味で、客車列車を強く意識した内容になってほしいという思いがあります。

 愛称板幕専ってどんなもの? どんなものを作っているの? そういったご質問をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、幕専815で試験的に作成した時の愛称板幕専印字例を画像として貼り付けておきます。幕専815開発の一連の検討で、ほぼ仕様が完成していますので、今回はそれに倣って作っていく形になると思います。集計結果のXLSファイルもアップしておきました。一度ご覧になって、「愛称板」という性格と、「東京口」「上野口」という2大ターミナルをテーマにした時、これでOKかどうか。鉄道歴史の面からも、有識者の皆さんには一度目を通していただきたく宜しくお願いいたします。

愛称板幕専のサンプルB

愛称板幕専のサンプルB

 

愛称板幕専のサンプルA

愛称板幕専のサンプルA

 

サンプルはクリックで拡大できます。

XLSファイルはこちら → アンケート集計のXLSファイル