ミニミニ字幕原版ダウンロード第 39弾「新前橋電車区 高崎線211系」

 ミニミニ字幕原版ダウンロード第39弾は、新前橋電車区211系です。ロールズプロジェクトが幕専の開発をはじめてから、高崎東北線のデータは今回までずっと出せずにいたので、期待されていた方々には本当にお待たせしました。
 この車両の側面幕は時代によって基本的なコマ順にも複数の世代が存在し、今回のものは第二世代くらいのものに通勤快速が追加された時点のものです。宇都宮線のコマが緑になる前、まだ新宿経由のコマがない時代ものになります。この時代の一文字快速には、急行・特急と同じ「赤」を用いているものがあることから、今回はこの赤で統一しています。白コマは05番のみ、それ以外の空きコマにはオマケのコマをひそかに忍ばせています。どのコマがオマケのコマかおわかりになりますか?是非実物と見比べてみて下さい。新宿経由の211系(高崎車両センター )については別途また作る予定でいます。
 使わないコマセットのうち一部だけが新規運用に侵食されている、こんな中途半端なことがおきるのも方向幕の面白みです。第一世代のものも最初は整然としていましたが、途中の予備余白に快速タウンが不自然に練りこまれたこともあって、この第ニ世代の幕ではコマ順が一新され愛称快速が一箇所にまとめられたのに、今度は通勤快速が出来るということになって、これらを一部潰して通勤快速に充てられることに。第三世代では宇都宮線コマが緑に、新宿経由が練りこまれてスパゲティ状態になるわけです。
 なお、前面幕はまだ開発に移っていない為にリリースできませんが、これら側面と連動して前面幕にも変化が発生しています。211系の前面幕はコマ数が少ないため、苦しいやりくりを強いられていたようです。

 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。A4普通紙による印刷でも、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第 38弾「大宮総合車両センター189系(創作)」

 ミニミニ字幕原版ダウンロード第38弾は、大宮総合車両センター189系側面をお届けします。前回は登場当時の華々しい189系でしたが、今回はその189系の現在の状態に近い内容をベースに、創作による作成となりました。
 183/189系の中には現在すでに特急幕を持たない、予備的存在にまで落ちぶれている車両がある中で、一部は登場当時には無かった東武線直通という新たな使命を与えられる機会に恵まれました。今回はその直通の日光号の幕をベースに、ころころと変わる臨時快速の幕をマージした内容になっています。変更点はほぼ全体に及び、丸ゴシックのやっつけ愛称部分については全て国鉄図面様式でテンプレートを一新し、文字も新規に起こしました。ローマ字は小文字仕様が実物となるものでも、全て大文字で統一してあります。一文字入りの愛称快速、上段枠囲みの愛称快速は、その体裁をそのままに文字だけ変更しました。
 はちおうじ日光号(2コマ化)を投入するために前半部分のコマ順は大きく組み替えた関係上、修学旅行が消えています。はちおうじ日光号は加刷されたという設定のもと創作したので、若干色合いを替えてあります。中ほどの客寄せパンダ的なリバイバル特急一式(あさま等々)は削除し、特急は直通特急と草津白根、嬬恋・草津スキーのみとしました。快速群については、189系そのものが特急を示した時代の威光を僅かでもしのばせるために、全て特急幅の行き先で組んであります。後半の枠ロゴ快速群のうち、愛称入りで投入済の4コマを消し、日光きぬがわ延長コマに充てました。何が消えたかのかは、前後の並びからおよそ見当が付くようにしてあります。
 もはや最上級の特別急行専用車といったイメージは無いものの、本当に色々な愛称をもった企画もの快速に埋め尽くされていて、マスコット的な可愛さというか愛嬌というか、そういったものを醸しはじめている感があります。
 今回の38弾字幕原版を使えば、鉄道模型用のシールについても相当数のシチュエーションを作ることが出来ると思います。特急あさま・あずさが183・189系で運転されていた時代を知らない世代の方も、きっと楽しんでいただけるのではないでしょうか。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。A4普通紙でもこれらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第 37弾「長野運転所189系(アレンジ)」

 ミニミニ字幕原版ダウンロード第37弾は、ついに長野運転所の189系側面(最初期)をお届けします。今では企画快速などですっかり格下げきった感のある189系ですが、当時の幕の豪華なこと豪華なこと、間合い普通も快速も一切ありません。それらの種別コマさえなく、さらには急行すら1コマもない、全て特急です。まだ前面幕が文字幕だったころのもので、当然わたしも生まれていません。
 整然と並んだ行き先はほぼ実物を踏襲していますが、白コマを残すのは勿体無いということで、5番と21番にオマケの横浜を入れ、31番には松本しなの、35番には東京とき、47番には伊豆稲取折り返しのあまぎ、63が実物のラストということでこれを白コマにして、残り7コマありますのでこれを色々と考えて、アルプスと妙高では急行なので似つかわしくない、特急でそろえることに。ウイングか、ウイングエクスプレスか、ウイングあずさか、それも中途半間になってしまうので、あずさ2コマを補って残り丁度5コマで綺麗に収まるのがたぶん「かいじ」しかないということで、時代が10年以上も違うじゃないかと突っ込みが入るでしょうが、古い古い不良在庫の幕に「あずさ」「かいじ」だけ足して応急用として使ったという設定にでもしておきましょうか。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。A4普通紙でもこれらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第 36弾「幕張車両センター113系(前面創作)」

 ミニミニ字幕原版ダウンロード第36弾は、26弾でお届けした「幕張車両センター113系(側面創作)」に対となる、「幕張車両センター113系(前面創作)」データです。カラー幕で前側を統一していたらどんなだっただろうかという想いを込めての創作データとなります。仕上がりは相当自信がありますので、縮小してそのまま模型のデカールに使えることは勿論のこと、実物実寸大で印刷しても遜色ないレベルの仕上がりです。
 側面タイプと大きく違う点は、まず「FORなし」という点です。これは実物でも同様です。そして次に、蛍光灯が前から照射されるということを念頭においてのカラーリングです。裏から照らすと黄緑裏地では文字が飛んでしまいますが、前からの照射であれば幾分違った見え方になります。さらには、快速ロゴが関西117系のものに準拠となっています(実物に同じ)。最後に、路線名のみのコマにはアルファベットを併記せず、前面幕手回し時代のコマをそのまま投入しました。これも実物に同じですが、26弾の側面タイプにはアレンジとしてアルファベットを追加しています。
 コマの内容で実物と異なる点は、26弾でも書きましたがコマ番号、文字のバグの修正、側面幕との内容統一です。例えば実物の前面幕にはエアポート成田などはありませんが、これを側面と統一して投入したり、旭のコマを加刷位置から調整したり、白千葉と青千葉の2コマを青千葉の総武本線で統一することで1コマ捻出して「錦糸町」を入れるなどしています。お座敷なのはな号にも「錦糸町」の設定があったことから、持っていて差し支えの無いコマと考えました。その反面、中央線や東海道線系統の行き先が消えています。
 細かなところにも、いろいろと面白い調整跡を見ることが出来ますので、是非本物を比べてみて下さい。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。A4普通紙でもこれらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第 35弾「豊田車両センター115系」

 ロールズの辻本です。まずは新年のごあいさつを。
 
 旧年は大変な1年でした。特に未曾有の震災を乗り越え、また避難されている方におかれましても、本当に苦労の耐えなかった年であったことと存じますし、またそれは現在進行形であることもお察しします。そんな中でも2012年が本当に良い年になることを願い、また信じて疑いません。
 
 ロールズができたのは心ばかりの支援しかありませんでしたが、今年はもっとがんばって、被災地の皆さんをはじめ日本全国の皆さんに感動していただけるような成果を残したいと思います。どうぞロールズを今年も宜しくお願いいたします。(2012/01/01 辻本)
 
—————————–
 
 さて大変長らくお待たせをいたしましたが、今年最初のリリースはミニミニ字幕原版ダウンロード第35弾、お馴染み八トタのスカ色115系(豊田車両センター)です。リクエストをいただいてから随分と経ってしまいました。元々幕専の開発で「中央東線(中電)」を路線データとして整備しようとしていた過去があり、その後全国網羅のための地区標準データのコマ順案を作成した時点でも中央東線(中電)に属する予定だった駅が除外されていました。そのため小淵沢以西のデータがなく、信越・北陸本線のおまけ的データと中央快速線データを寄せ集めたものに「辰野、岡谷、塩尻・・・」といった駅名を足しこんでテンポラリ的に作成したものになります。
 確か実物は70コマ媒体だったと思うのですが、40コマも使っていないので今回は40コマの短絡仕様とさせていただきました。コマ番号の7番に「篠ノ井」、38番に「南越谷」、40番に「富士見」を入れて39番のみを白コマに仕上げました。実物の恐らく澤田商工さんだろうやっつけ伸縮と丸ゴシックを取り除き、かなりマジメに仕上げたつもりですが、快速などは体裁が体裁だけに澤田臭が濃厚に残っております(笑)。次回は、昨年引退した房総地区113系のカラー幕の前面(創作)をお届けする予定です。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。A4普通紙でもこれらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第 34弾「高松運転所キハ185」

 ミニミニ字幕原版ダウンロード第34弾は、四国のキハ185系気動車のタイプ2で、高松運転所所属を想定した創作となりますので、うずしおがメインになります。四国タイプの枠ロゴ普通が冒頭にでてきますが、これが枠ロゴをど真ん中に置いただけというインパクトの強い1コマです(実物準拠)。うずしおコマについては、従来からの優等列車発着駅については国鉄書体が使われていますが、あとから運用が発生したような駅や、新規の愛称、新規の運用には取ってつけたような文字が入っていることがあり、今回のミニミニ字幕では、それらのいい加減な文字を全て置き換えています。牟岐であれば「415系大牟田」+「485系早岐」で作りました。海部の場合は、「185系熱海」+「485系黒部」など、それぞれ由来が幕文字になるものに置換してあります。
 たった20コマですが、雰囲気はしっかり出ていると思いますので、つかの間、瀬戸内の穏やかな景色に思いめぐらせてみて下さい。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第 33弾「松山運転所キハ185」

 ミニミニ字幕原版ダウンロード第33弾は、四国のキハ185系気動車です。松山運転所所属を想定した創作となりますので、しおかぜがメインになります。普通列車運用は四国タイプの枠ロゴ普通で3コマ入っています。実物はころころと変更が多く、その度にエセ国鉄書体や既存書体による置換が進んでいるようです。ミニミニ字幕では、すべてのコマを国鉄書体の幕文字にしてあります。こじんまりとしたコマ数、車両自体こじんまりしていますが、それでもやはり優等車の風格、全国的に珍しくなりはじめたL特急マークもあり、一文字種別+愛称には貫禄すら漂います。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第32弾「金沢運転所415系側面(創作)」

 ミニミニ字幕原版ダウンロード第32弾は、金沢運転所415系側面です。七尾線を走る415系は元113系として関西地区で運用されていた車体です。方向幕準備車のみだったのか、改造時に方向幕が撤去されたのかは知らないのですが、実際側面方向幕がありません(前面のみ)。もし、側面方向幕がきちんと先頭車の前面と共通で作られていたらという想像を形にしたのが今回の趣旨です。
 七尾線415系の方向幕の特徴は黄色地に黒の文字配置であることと、急行を含むことです。想定されている急行は「能登路」でしょうが愛称印字はありません。これは東海道線の急行や房総急行用に用意された首都圏113系と同じように種別のみが配置され、一文字線の仕切りと愛称がないものです。汎用性を持たせてあるということなのでしょう。今回の側面創作字幕原版でも同様の体裁としました。実物と異なるのは文字の形です。じっくり見ていただければ、ここか!という内容ですが、難易度は高いと思います。少なくとも本物を横に並べないと難しい、玄人向きとも言える内容です。
 七尾線は一度乗ったことありますが、クロスシートの豪華な115系というイメージで、沿線風景ものどか、のんびりとした雰囲気で非常に癒されます。是非日帰り旅行にオススメします。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第31弾「日根野電車区103系側面」

 ミニミニ字幕原版ダウンロード第31弾は、日根野電車区103系側面です。この103系モデルは紀勢本線直通対応の白帯車ですので、一般的な日根野103系の幕順とはちょっと異なる内容です。実物からの変更点としては、区間快速鳳の追加です。全体は40コマです。
 杉本町があるのに熊取も日根野もない、和泉府中のコマの次がいきなり紀伊田辺という面白い内容ですが、殆んど現物コマ順に準拠しています。白帯のスカイブルー103系は見なくなってから久しいですが、一度でいいから和歌山から御坊まで乗ってみたかったと思います。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第30弾「小山電車区107系前面」

 ミニミニ字幕原版ダウンロード第30弾は、日光線の107系前面です。103系からの改造105系等とは異なり、前面幕も側面と同じように横長の表示域を持つ車です。その特徴として顕著なのが、前面の幕だけ不自然に「FOR」がないことです。これは例えば103系や211系の前面幕でも同様で、千葉幕張の113系もそれに倣っていましたが、こと107系の場合は本来そこにあったFORだけを消したかのように、併記アルファベットが右へ寄っているのです。これを再現した上で、ネット上でコマ順を調べ一通り埋めてみたものが今回公開したものになります。コマ順はかなり実物を意識しています。
 実物を確認できないので、快速コマについても側面の体裁からFORだけを消したものにしました。実際にはどうなのか分かりませんので、もしかすると創作色が濃くなっているかもしれませんが、そのあたりはご容赦の程を・・・。現在では毛筆体の色地幕が普及しているようなので、国鉄書体については絶滅したのでしょうか? であるとすれば寂しいですね。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。