あっという間に2016年 大晦日

2016年も、ロールズをありがとうございました。
 
今年は出稼ぎが殆どで、またしても何も手を付けることができませんでした。がんばろうという気持ちが潰えかけているように感じます。計画していたことの殆どが停滞したまま、全く進めることができませんでした。今年唯一の成果として、川崎市岡本太郎美術館への展示協力がありましたので、恒例の大晦日晩餐については、かろうじて(乾燥)海老入り(なお小エビの模様)ということになりました。ただし、納得のいかない、ただダラダラと雇われで働いただけの意味のない1年だったという実感が強く、何かをやり遂げた感が皆無です。ここに来て本当に無駄な1年だったと悔やんでいます。そのような状態で、贅沢なメニューは用意できないという結論ですので、去年のメニューからは大きくグレードダウンとなりました。
 
かろうじて海老入り
 
なお、今年はAmazonアソシエイトの広告を出さずに運営しました。恒例の売上報告については、このような背景から当然「0円」となりますので、本年度分の報告は省略させていただきます。
 
みなさんは充実した1年だったでしょうか。そうであったと信じたいと思います。
それではみなさま、今年もお疲れさまでした。
 
【追伸】
さらにこちらも恒例の、年賀状イラストのPDFを置いておきます。下の画像をクリックすると、PDFが開きます。「年賀状が来ると思わなかったが、来たので大慌てで返信用を作る」といった場合に、お役立て下さい。用紙サイズは「ハガキ」で印刷して下さい。プリンタへの差し込み方向に注意して下さい。
 
ひよこ

新春オークション第二弾は今夜まで

新春1円オークションにつきましては、多数のご参加ありがとうございました。

収支は数千円の赤字になりましたが、楽しんでいただけたようなので良かったと思います。第二弾は1円スタートではありませんが、今夜終了で数点出品しておりますので、もしお探しのものがあればご検討いただきたくよろしくお願いいたします。阪神電鉄バスの廃品方向幕が数点と、大阪市営バスの廃品経由幕、都営バスの廃品経由幕を出品しています。

ロールズ公式オークションブースでは、今後も廃品方向幕やちょっとしたものを運営費捻出のため出品して参りますので、よろしければ是非ご検討下さい。

iPhone向け(UTF-8)使用許諾条件の同梱について

iPhoneにて解凍した国鉄方向幕書体OTF版の使用許諾条件のテキストファイルが文字化けして解凍パスワードを見ることができないというお問い合わせがありました。

 ロールズではiPhoneを所有しておりませんので、国鉄方向幕書体OTF版zipファイルが解凍できるのか、国鉄方向幕書体OTF版がiPhoneにインストールできるのかという動作確認は行っておりません。誠に恐れ入りますが、できない場合にはiPhoneの開発元へ、SJISエンコードのテキストファイルを表示できるように、改善の要望をなさって下さい。または、ご使用になるテキストエディタはマルチエンコードに対応しているものをおすすめします。
 国鉄方向幕書体のライセンスは、日本国の法律が適用できる日本国内で利用契約を行っていただき、PCでご使用いただくことを前提としておりますので、SJISエンコードとなっております。なお次善策として、国鉄方向幕書体OTF版のzipファイルの中に、UTF-8エンコード(LF改行)のテキストファイルを同梱しました。使用許諾条件のご確認につきましては、こちらの対応で可能になっているかと思われますので、再度ダウンロードをしていただいてから、ファイル名に”(UTF-8)”の付いた使用許諾条件のテキストファイルを開いて内容を確認なさって下さい。

よろしくお願いいたします。

私鉄方向幕データベースの追加更新について

みなさんこんにちは。新春1円オークションイベントに続いて、私鉄方向幕データベースの更新を実施いたしましたのでお知らせします。

今回追加されたのは以下の3本です。終端表記を含む、計89コマです。

私鉄データベース新規追加3本

1.近鉄南大阪線のローマ字なし前面方向幕(恐らく長山式時代のもの)
2.京王線旧書体時代の側面行先方向幕
3.京阪電車ローマ字大文字時代の前面行先方向幕

1は、十年以上手に入らずに探し回った品で、特に「吉野」や「尺土」の字が特徴的です。側面が種別のみの行灯式だったころに、前面のみに装備されていた方向幕です。一見普通の書体のように見えますが、オリジナルのレタリングです。貸切のコマを見ても、面白い形をしています。検索には「前面」「あべの橋」等の行き先を入力してみて下さい。また、奈良・大阪線系統のローマ字なし方向幕とも字が異なります。「ローマ字なし」「橿原神宮前」で検索していただければ、これだけ違うのだなぁと、新たな発見になること間違いなしです。

2は、昔懐かし、京王帝都京王線時代の丸ゴシックの行き先幕です。京王5000系でも、共通した字体が使われていました。特に注意して見ていただきたいのが、都営10-000形電車の側面幕との違いです。これは非常に似ているように見えるのですが、「高幡不動」や「府中競馬正門前」で検索していただくとお分かりになるように、実はレタリングが異なります。使いまわせば良いのにと思ってしまうわけですが、京王線の各駅については、どうも別の版を使っているようです。ところが更に面白い事に、「新線新宿」から「大島」までの直通先駅のコマについては、なんと都営のものと全く同じレタリングなのです。恐らく同じ版を使っていると思われます。「岩本町」「市ヶ谷」等を一度検索なさって下さい。また「新宿」で検索いただくと、緑幕の新線新宿と、白幕の新宿の文字の形が違い(同じ1本の幕に収録されたコマなのにです)、新線新宿の方は都営車の幕の版になっていることも分かります。わたしは、この2者は同じ版を使っていると思っていたので、本当にびっくりしました。

3は、もう見られなくなった京阪電車の前面行き先幕です。元々側面幕から使用が開始されたのでしょうか、側面の版を縦圧縮して使いまわしているように見えます。駅数も少なく、特別長い駅名もない京阪電車では、行き先幕の文字が全車種の前面側面の表示で共通化されていたように思われます。東京の地下鉄線などと同じく、数少ないスミ丸書体を使った方向幕でした。すでにデータベースには側面の行き先が収録されていますので、「枚方市」「寝屋川市」などと検索していただければ、前面と側面が並んで表示されると思います。

なお、2と3につきましては、新春1円オークションイベントにて現品を出品しておりますので、もし「欲しい!」という方は、是非オークションにご参加ください。

2015大晦日

みなさん、今年もロールズをありがとうございました。

たったいま出稼ぎ作業から帰ってきましたが、時間もあまりないので、取り急ぎ年越しメニューのご報告です。

海老天来た!

やりました!今年は海老が載りましたよ!ありがとうございます!、一生懸命がんばりましたから、これくらいは無いと寂し過ぎるというものです。海老天:498円、そばたま×2:34円、そばつゆ×2:70円、かまぼこ:82円、きざみネギ85円、税込合計831円!、材料に小麦粉が先にくるような蕎麦ですが、十割を食べられるまでにはまだ遠いので(出稼ぎの成果でしかないので)、ここは2たまのソバに海老が載ったことを喜び、来年さらにということでつなげていきたいと思います。

ついに今年の仕事おさめということで、みなさん本当にお疲れ様でした。

年賀状のイラストとWordテンプレート

こんにちは。ロールズの辻本です。さぁ今年ももうあと2日をきりました。

前年と同じく年賀状のイラストと、MicrosoftOffice2007(Word用)の年賀はがきテンプレートファイルをご用意しました。既に親しい方への年賀状はもう投函されていると思いますが、想定外の方から届いて元日が忙しくなることも。返信用としてお役にたてばと思います。

下のイラストをクリックしていただくと、ZIPファイルのダウンロードが始まります。ZIPファイル(パスワードはありません)の中には、年賀状の裏面に印刷するためのイラスト”年賀状.pdf”と、表面を国鉄方向幕書体で印刷するためのテンプレートファイル”宛名.docx”が入っています。
年賀状.pdfは、年賀はがきサイズでサイズ指定されたPDFですので、プリンタから官製はがき縦のサイズを指定してそのまま印刷していただければイラストが印刷できます。宛名.docxは、国鉄方向幕書体とMicrosoftOffice2007がインストールされているパソコンで開いていただければ、郵便番号や住所宛名、差出人住所氏名などを、すべて国鉄方向幕書体で入力することができます(サンプルとして文字列を入力してありますので、それらを消して使って下さい)。
権利等々を言うほどの物ではありませんので、フリー素材として自由にお使い下さい。

ダウンロードはこちら

ロールズでは、今年もぎりぎりまで色々とがんばっていましたが、宿題の一部はまた来年に持ち越してしまうことになりました。。。
総括は新年早々またご報告させていただきます。これから、方向幕の撮影を行いますので、年明けには私鉄データベースの更新が入ります。また、バス幕の研究用として手に入れ、撮影が完了した方向幕を1円からオークションに出品する予定です。福袋のような大層なものはご用意できませんでしたが、少しでも楽しんでいただければ幸いです。こちらもおって告知いたします。


【ご注意!】
国鉄方向幕書体(TTF版)のFinal版のダウンロードは、本日12/30までです。来年からはダウンロードできなくなり、別途個別の配布につきましてはカスタマイズ対応扱いとなり有料となります。ダウンロード、お忘れではありませんか?、きっとお忘れだろうと思いますから、ロールズのやさしさベース対応として、こっそり12/31の23:59:59まではそのままにしておきます。もしツイッターのアカウントをお持ちの方、いらっしゃいましたら、「国鉄方向幕書体のTTF版のダウンロードは12/30までだから注意!」と教えてあげて下さい。ロールズ側が未だにADSL回線ですので、混み合えば数時間前からでもダウンロードできない可能性があります。余裕をもってダウンロードをお願いします。

それでは皆様、良い年をお迎えください。

国鉄方向幕ロゴの印字について

 コメント欄よりご質問いただきましたので、日報にて回答させていただきます。
 快速や中央特快等のロゴ印字用のデザインフォント・国鉄方向幕ロゴにつきましては、既に配布を終了しております。開発終了の経緯につきましては2009年9月18日の日報をご参照下さい。なお、発展的に統合されたデザインフォント幕専につきましても、利用者が殆どいない状況、使いにくい仕様、そしてWindowsVista以降において重ね表現が使用できなくなった関係で、こちらも現在は対外的リリースを終了・公開終了しております。

 代用には、ミニミニ字幕原版の使用が推奨されています。ミニミニ字幕原版で該当ロゴが収録されたデータをPDF表示されたうえで、メニューから「編集」→「スナップショット」を選択し、矩形選択域でロゴ部分を選択すると、クリップボードに画像が保存されますから、これをペイントなどに貼りつけて下さい。画像の大きさは、PDFの表示に応じて作成することができますので、丁度良い大きさにPDFの表示倍率を設定してからスナップショットツールで画像化して下さい。Windows7上での操作手順を、スクリーンショットベースで以下に図示しますので、参考になさって下さい。

<手順1>
 AcrobatReaderでミニミニ字幕原版を表示して、スナップショットツールを起動します
手順1

<手順2>
 丁度良い大きさに表示した枠ロゴを含むように矩形で範囲選択します
手順2

<手順3>
 選択し終わると、自動的にクリップボード(パソコンの一時領域)に保存されます
手順3

<手順4>
 ペイントを起動して貼り付けボタンを押します
手順4

<手順5>
 枠ロゴがビットマップ画像として作成できました(保存して編集してみましょう)
手順5

 AcrobatReaderの表示倍率を「描画領域に合わせる」としたうえで、ウィンドウサイズを変更することにより、細かな1ケタ単位の縮尺調整が可能です。なお作成したビットマップの色変更は、JTrimなどの無償画像ソフトなどをお使い下さい。

 現状、国鉄方向幕ロゴフォントを使用するよりも、デザインフォント幕専を使った印字よりも、このPDFスナップショットツールによる代用方法の方が綺麗な画像が作成できます。基本的に、本物の方向幕(写植印刷)よりも綺麗な輪郭が得られるように作ってありますので、実寸でデカールに印刷して、シールコマを作ることも可能です。

 今後も方向幕ロゴ専用のフォントにつきましては開発の予定ございませんので、ミニミニ字幕原版をご活用下さい。よろしくお願いいたします。

国鉄方向幕書体(無償版)天文気象対応 v1.3(FR-3)について

ロールズでは、2015年第一四半期リリース予定としておりました国鉄方向幕書体(無償版)天文気象対応v1.3(FR-3)につきまして、開発に着手いたしました。

天文用語・気象用語を表現する場合に必須となる文字の追加対応です(これは我が国の国語施策の現状にて常用表現の枠内に収まるものを推奨)。洗い出し作業により、「αβγδζ閃矮塵溢(靄雹凪霰擾霙)」以上16文字の追加を予定しております(カッコ内は非推奨文字ですが、商品名や季語・地名用としても有用のため特別に実装します)。ギリシャ文字の実装は、専門用語の表現上必要となる一部小文字のみを予定いたします。この分野で国鉄方向幕書体をお使いの方で、実装予定15文字以外に実装を希望される文字がありましたら、当記事のフォローにてご指摘・投稿いただければと存じます。前述の15文字は実装が保証される文字の告知となり、これ以外に実装される文字があり得ます。天文気象分野以外でも、一般的な学術上の表現で必要となる文字・アカデミック関連・一般の掲示告知類として必要となる文字なども受け付けます。平素お使いいただいている中で、「せめてこれだけあってくれれば」と思われる文字の追加をご要望として当記事のフォローにて投稿下さい。なお、JIS第一水準の全文字については、現状実装されていない文字すべてを有償版にて実装予定です。

天文気象対応v1.3(FR-3)の開発着手に伴い、現状のバージョンv1.2(FR-2)は公開・配布ともに収束とさせていただきます。従来のライセンス同様、新版リリース後の旧版の使用は、旧版ひらがな使用のためにv0.07xへダウングレードされる場合を除き、認められておりません。v1.3(FR-3)リリース後は、v1.2(FR-2)【1.2b書籍向け文字追加版を含む】以前のバージョンはご使用いただけなくなります。v1.3(FR-3)から、使用許諾条件にも改訂が実施されます。詳細は後日ご案内いたしますが、現在のv1.2(FR-2)【1.2b含む】と異なるライセンス条件が設定される見込みです。

v1.2(FR-2)のダウンロードは、2015/04/10終日までとさせていただきます。ご承知おき下さいます様、お願い申し上げます。v1.3(FR-3)のリリースにつきましては、v1.2(FR-2)の公開終了後2週間以内を予定しております(当初より1か月程度の遅れ)。リリースの準備が整い次第、あらためてご案内いたします。

エイプリルフールですがお休みします

ロールズでは余力がないので、エイプリルフールはお休みします。誠に恐れ入ります。

私鉄方向幕DBを昨日リリースいたしましたが、検索結果ページから検索条件を変更するボタンで戻った場合に、国鉄幕DBページに遷移してしまうバグがありましたので改修いたしました。その他は特に異常なさそうですので、パイロット試験を終了し、一般供用での運用を開始し様子を見ることにしました。

追加で小田急線の側面行先幕のデータが投入されました(極めて独特な字体です)。なお、種別幕についてはすでに投入されていますが、湘南急行・多摩急行が独自種別として登録されているため、急行での検索や、単独種別での検索ができません(プルダウンにデータが登録されていません)。多摩急行に限っては営団幕が手に入った際に単独種別データで必要になるかもしれませんが、それ以外は単発1コマのもの(S特急や特快速なども同じ)なので、便宜上愛称ということにして、登録は急行にする等、検索しやすい内容にかえるつもりで検討しています。現在は、種別のみにチェックの設定で検索いただければ、その中の1候補として結果出力されます。

実は南海の白線急行も同じように単独種別として設定されていますが、こちらはさらに淡路号という愛称付があるため、便宜上の愛称として扱うことができず、別個で設定せざるを得なかった経緯があり、検索用のプルダウンデータの一覧にも追加されています。似た例には、飛行機マークの快特などがあり、こちらは愛称にエアポートが投入され種別上は快特として登録されています。種別のみにチェック、愛称にエアポートで検索なさってみて下さい。京成も京急も飛行機のピクトグラムだけは全く同じ形をしていて面白いです。

追加写真を撮る暇がないため、次のデータ追加は未定ですが、なるべく早めに実施できるようにがんばります。

ミニチュア方向幕(ミニミニ字幕原版)ページ追加!

皆様、あけましておめでとうございます。本年もロールズをよろしくお願いいたします。

さて、ミニミニ字幕原版シリーズ(ミニチュア方向幕の原版をダウンロードできるサービス)の新開発環境が稼働したことと合わせまして、過去にリリースしました第1弾~第42弾までのデータをまとめて掲載し、ダウンロード可能なページを新たに作成いたしました。実はこれ、2012年9月16日の宿題でした。ここまで遡ってフラグ回収に走り回っております。この日報のページの上部にあるメニューリンクから、「ミニチュア方向幕」を選択していただければ、該当ページが表示されます。

年賀状の作成で、ご家庭のプリンタがスタンバイな状態になっていると思います。春休みのお子さんと一緒に、一度ミニミニ字幕原版データを印刷してミニチュア幕を作り遊んでみて下さいね。A4縦のサイズですから、用紙もプリンタもあまり選ばないと思います。

ミニチュア方向幕を作ってみよう!

さらに、日報のカテゴリ変更につきましても実施いたしまして、「ミニミニ字幕原版」と「フィルムシート原版」の2カテゴリが追加されました。過去記事につきましても、各カテゴリごとに記事がまとめられましたので、見やすくなったかと思います。フィルムシート原版シリーズにつきましては、今後も無償データを公開していくことを検討し始めましたので、いずれこちらもリリースデータが多くなった場合には、専用ダウンロードページを作ることも検討したいと思います。