ミニミニ字幕原版ダウンロード第47弾「福知山電車区381系(創作)」

ミニミニ字幕原版ダウンロード第47弾は、福知山電車区381系(創作)をお届けします。現在、同時進行で4つほどのデータを作成しているのですが、それらの後にリリースすることを予定していたデータとして、この福知山電車区381系(創作)を作っていたところ、なぜか一番最初に完成してしまったので、先にリリースさせていただくことになりました。タイトルに創作と入っているように、黒幕化後の381系ではなく、登場当初の485系をベースに、コマ順を40コマ化したものです。国鉄書体では存在しないビッグXネットワークの特急も、全て国鉄書体となっているほか、40コマと余裕があるために城崎が消されず、各特急の間にあった余白に城崎温泉が加刷されたという架空設定をイメージしました(天橋立延長運転の北近畿は後日加刷のためLマークがないというアクセントも付与)。間合い普通は矢印ではなく、全て行き先1つで各コマを持ちます(宝塚のコマは福知山線事故の対応で追加の想定)。この車は、こうのとりデビューとともに消えたという設定ですので、こうのとりのコマはありませんが、現実には、こうのとり設定時点から運用をスタートしていました。データの名前としては381系となっていますが、北近畿やほくせつライナーの体裁は山陰本線(園部-綾部)電化前の485系183系のものですので、この頃を再現した模型デカール等に流用される場合は、それら形式向けとしてもお使いになれます。

 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。A4普通紙による印刷でも、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本格的なものを作成される場合には高額なバックライトフィルムへの印刷が望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AcrobatReaderのインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第46弾「新潟車両センター485系」(Req/創作)

ミニミニ字幕原版ダウンロード第46弾は、田村さんよりコメントでいただいたリクエストにお応えした「新潟車両センター485系」です。基本的な構成は上沼垂時代のコマ順をベースに、すでに第7弾でリリース済の雷鳥関連と矢印北越のコマを削除、矢印北越はその成分を分解して、雷鳥から捻出したコマへ特急・快速・普通の各コマに分けて入れなおしています。また、新潟県中越沖地震による不通区間が長引いたという架空設定で、新潟-金沢間の北越が、信越・上越・ほくほく線経由のリレー快速・普通に投入されたということにして、普通犀潟と快速犀潟のコマを投入、最後に2コマ余ったところには、全く雷鳥がないのも寂しいので、エキスポ雷鳥(これも本来は矢印コマですが商用エキスポロゴマークを除いて2コマに分割)を投入しています。はつかり、いなほはL入りです。元々、担当ではない優等列車のコマが広範囲に入っていて、やりくりが出来ずに矢印コマ2個1にしてコマ数を稼ぐということを繰り返してきた遍歴があるので、本物の方向幕は時期によってかなりバリエーションがあります。一度比べてみて下さいね。なお、ムーンライトえちご、くびき野は42弾を、登場当初のいなほは16b弾を、雷鳥は7弾のミニミニ字幕原版をご利用下さい。

 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。A4普通紙による印刷でも、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本格的なものを作成される場合には高額なバックライトフィルムへの印刷が望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AcrobatReaderのインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第45弾「神領車両区381系しなの」

ミニミニ字幕原版ダウンロード第45弾は、神領車両区381系しなの号です。本来は20コマ程度の幕なのですが、そのままだと少し寂しいので、おまけに「急行ちくま」「快速みすず」「特急伊那路」を入れて、創作28コマとしてみました。ここ数年は「臨時ちくま」すら見かけなくなってしまい、完全に夜行高速バスばかりになってしまいました。ゆっくりと運転停車する深夜の駅のホーム、アナウンスのない出発、減光されひっそりとした車内、独特の雰囲気がいいのですが、安さには勝てないのでしょうか。
もう何年も前になりますが、東京で年末の仕事おさめして、帰阪のためスーパーあずさに飛び乗り塩尻駅へ、、、吹きすさぶホームで「ちくま」号を待ったのが懐かしいです(と言っても、その当時ではもう373系になってしまっていましたが・・・)。電車特急の夜行列車の旅、いいですね。ちくま号やシュプール号でぐっすり眠った思い出をお持ちの方、いらっしゃいましたら是非、当時に思いを馳せつつご覧いただければ幸いです。
なお、快速みすずについて、本来の115系みすず(経由あり/愛称なし)は、別途やってみたいと思います。今回は特急車両に便宜的に入れられた汎用幕という創作設定で、経由は未表記としてあります。

 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。A4普通紙による印刷でも、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本格的なものを作成される場合には高額なバックライトフィルムへの印刷が望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AcrobatReaderのインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第44弾「東京総合車両センター205系(山手短絡)」

ミニミニ字幕原版ダウンロード第44弾は、皆さんお馴染み山手線の205系専用幕「山手短絡幕」です。山手線の205系が引退してもう10年以上経過しているんですね、今となってはもう懐かしい思い出の1ページに収まってしまった印象がありますが、山手線を引退してからも首都圏各線へ転属して精力的に走り続けたことは記憶に新しいところです。
山手線を103系が走っていたころは、首都圏幕といわれる70フルコマの方向幕を装備していましたが、方向幕表示最後の205系には山手線専用に短絡化された必要最低限の有効コマ9個のみの方向幕を装備していました。今回はこちらが題材になります。
ミニミニ字幕原版では手回し前提ですので、検知穴もバーコードもありませんが、コマ番号だけは当時のコマ番号を充ててあります。30番が2個あるのは、上巻き取りで移動中は上のコマが、下巻き取りで移動中は下のコマが設定されるように、つまり、最も使われるコマなので劣化負荷を分散させるためにあえて30番を2つ設定していたそうです。電圧比較式ですから、恐らく左右に並んだ検知穴数個は全く同じだったのだと思います。
山手線の205系が引退し始めたころ、鉄道廃品専門ショップでは1本2000円未満という投げ売り状態で売られていたのを見ましたが、最近ではあまり見かけなくなりました。当時を懐かしみながら、お子さんと手作り方向幕箱を作って遊んでみてはいかがでしょうか。余白と終端を入れてもA4用紙7枚に収まる非常に小さなデータですので、プリンタのインクやセロハンテープを節約できますから、ちょっとした工作には手頃な長さになっています。

 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。A4普通紙による印刷でも、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本格的なものを作成される場合には高額なバックライトフィルムへの印刷が望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AcrobatReaderのインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

P.S.
いよいよ受験シーズンがやってまいりました。受験生の皆さん、がんばって下さい。ロールズでも期間限定で、ロールズプロジェクト時代の受験シーズンにトップページ掲出していた合格祈願ロールズロゴを掲出します。

新春オークション第二弾は今夜まで

新春1円オークションにつきましては、多数のご参加ありがとうございました。

収支は数千円の赤字になりましたが、楽しんでいただけたようなので良かったと思います。第二弾は1円スタートではありませんが、今夜終了で数点出品しておりますので、もしお探しのものがあればご検討いただきたくよろしくお願いいたします。阪神電鉄バスの廃品方向幕が数点と、大阪市営バスの廃品経由幕、都営バスの廃品経由幕を出品しています。

ロールズ公式オークションブースでは、今後も廃品方向幕やちょっとしたものを運営費捻出のため出品して参りますので、よろしければ是非ご検討下さい。

iPhone向け(UTF-8)使用許諾条件の同梱について

iPhoneにて解凍した国鉄方向幕書体OTF版の使用許諾条件のテキストファイルが文字化けして解凍パスワードを見ることができないというお問い合わせがありました。

 ロールズではiPhoneを所有しておりませんので、国鉄方向幕書体OTF版zipファイルが解凍できるのか、国鉄方向幕書体OTF版がiPhoneにインストールできるのかという動作確認は行っておりません。誠に恐れ入りますが、できない場合にはiPhoneの開発元へ、SJISエンコードのテキストファイルを表示できるように、改善の要望をなさって下さい。または、ご使用になるテキストエディタはマルチエンコードに対応しているものをおすすめします。
 国鉄方向幕書体のライセンスは、日本国の法律が適用できる日本国内で利用契約を行っていただき、PCでご使用いただくことを前提としておりますので、SJISエンコードとなっております。なお次善策として、国鉄方向幕書体OTF版のzipファイルの中に、UTF-8エンコード(LF改行)のテキストファイルを同梱しました。使用許諾条件のご確認につきましては、こちらの対応で可能になっているかと思われますので、再度ダウンロードをしていただいてから、ファイル名に”(UTF-8)”の付いた使用許諾条件のテキストファイルを開いて内容を確認なさって下さい。

よろしくお願いいたします。

私鉄方向幕データベースの追加更新について

みなさんこんにちは。新春1円オークションイベントに続いて、私鉄方向幕データベースの更新を実施いたしましたのでお知らせします。

今回追加されたのは以下の3本です。終端表記を含む、計89コマです。

私鉄データベース新規追加3本

1.近鉄南大阪線のローマ字なし前面方向幕(恐らく長山式時代のもの)
2.京王線旧書体時代の側面行先方向幕
3.京阪電車ローマ字大文字時代の前面行先方向幕

1は、十年以上手に入らずに探し回った品で、特に「吉野」や「尺土」の字が特徴的です。側面が種別のみの行灯式だったころに、前面のみに装備されていた方向幕です。一見普通の書体のように見えますが、オリジナルのレタリングです。貸切のコマを見ても、面白い形をしています。検索には「前面」「あべの橋」等の行き先を入力してみて下さい。また、奈良・大阪線系統のローマ字なし方向幕とも字が異なります。「ローマ字なし」「橿原神宮前」で検索していただければ、これだけ違うのだなぁと、新たな発見になること間違いなしです。

2は、昔懐かし、京王帝都京王線時代の丸ゴシックの行き先幕です。京王5000系でも、共通した字体が使われていました。特に注意して見ていただきたいのが、都営10-000形電車の側面幕との違いです。これは非常に似ているように見えるのですが、「高幡不動」や「府中競馬正門前」で検索していただくとお分かりになるように、実はレタリングが異なります。使いまわせば良いのにと思ってしまうわけですが、京王線の各駅については、どうも別の版を使っているようです。ところが更に面白い事に、「新線新宿」から「大島」までの直通先駅のコマについては、なんと都営のものと全く同じレタリングなのです。恐らく同じ版を使っていると思われます。「岩本町」「市ヶ谷」等を一度検索なさって下さい。また「新宿」で検索いただくと、緑幕の新線新宿と、白幕の新宿の文字の形が違い(同じ1本の幕に収録されたコマなのにです)、新線新宿の方は都営車の幕の版になっていることも分かります。わたしは、この2者は同じ版を使っていると思っていたので、本当にびっくりしました。

3は、もう見られなくなった京阪電車の前面行き先幕です。元々側面幕から使用が開始されたのでしょうか、側面の版を縦圧縮して使いまわしているように見えます。駅数も少なく、特別長い駅名もない京阪電車では、行き先幕の文字が全車種の前面側面の表示で共通化されていたように思われます。東京の地下鉄線などと同じく、数少ないスミ丸書体を使った方向幕でした。すでにデータベースには側面の行き先が収録されていますので、「枚方市」「寝屋川市」などと検索していただければ、前面と側面が並んで表示されると思います。

なお、2と3につきましては、新春1円オークションイベントにて現品を出品しておりますので、もし「欲しい!」という方は、是非オークションにご参加ください。

2016年新春1円オークション開催!!

 お待たせしました、ロールズ2016年最初の企画、【2016年新春1円オークション】開催についてお知らせいたします。

 ロールズでは、本物の廃品方向幕資料を買い集めて資料化していますが、この度、日ごろのご愛顧に感謝してこれら資料化済方向幕を、Yahoo!オークションのロールズ公式ブースにて、1円スタートのオークションとして出品いたしました。バスの経由幕と、電車の行き先幕がメインです。期間は1/10の夜までとなっています。
 専門店で購入するととても高い品で、中には1万円以上の高額で購入したものもあります。すべて1円からですので、この機会に是非ご参加ください。以下画像をクリックいただくか、右側メニューのオークションボタンより、Yahoo!オークションのロールズ専用出品ブースを表示することができます。

2016年新春1円オークション

 なお、売上はロールズの2016年の運営資金に充てられます。多数のご参加お待ちしております。

2015年の成果総括と2016年ロードマップについて

新年あけましておめでとうございます。ロールズ2015年の成果総括と2016年のロードマップについて、ご案内いたします。

昨年は設備環境の構築がやっと終わり、コンテンツに労力を振り向けることができるようになった年でした。そうした中で、達成できたこともあれば達成できなかったこともあると言う点で、しっかりと成果を出せたところもあれば課題も多く残った一年でした。2015年のロードマップを成果ベースで確認し、2016年は何ができるだろうか、この辺りについて総括していきたいと思います。

【達成できたこと】
1.国鉄方向幕書体v1.3FR-3天文気象対応リリース
2.方向幕画像データベース(私鉄版)の構築

まず1ですが、これは、喫緊の課題であったこともあり、遅れは発生したものの、十分に注力の上で年内に達成することができました。2についても、前年から予備的な準備に着手していたこともあり、こちらは予定より早い公開を達成することができました。2015年で死守しなければならない拡充コンテンツのコアになる2つでしたので、達成は当然ながらも、コンテンツへの注力を実際に行動に移すことができたということでは意義のある成果でした。

【まだ達成できていないこと】
1.国鉄方向幕書体ページ更新
2.ミニミニ字幕原版の印刷代行
3.入稿データ製作サービス
4.ミニミニ字幕原版の追加リリース

一方で達成できなかったことは倍の数があり、大変申し訳ないところです。1.は資料の充実と精査、よりしっかりとした記述とするため、現在作成途中になります。国鉄方向幕がいかにして生まれたのか、という歴史的な部分を知らしめるものであり、正確な情報を吟味しているところです。2については、4にも影響しますが、もっと多くのデータをリリースの上で、受け入れ可能な設備をしっかりと確保すべきという観点から、後回しとなっています。実寸大の方向幕にも対応してプロッタを導入するか、ミニミニのみの対応とするか、まだ正確に決まっていませんが、可能であれば2016年中には、ミニミニ字幕印刷代行サービスだけは開始できればと考えています。3については、現在出稼ぎで運営費を集めている状態ですので、逆に納期が守れなければご迷惑になるということでストップしていますが、パイロット的なサービス開始(βサービス)として2016年の年内には開始する予定です。

2016年のロードマップとしましては、2015年からの積み残し課題の消化をまずはメインとして、前述の達成できていない1~4を達成すること、そしてさらなるコンテンツの拡大に注力していく予定です。取り急ぎとして、2016年新春1円オークションを開催予定ですが、このようなビジター各位に楽しんでいただけるイベントのようなものを定期的に実施していくことができればと思います。直接対価をいただくことができるサービスをまずは開始することで収益をあげ、運営費の心配をしなくても良い、安定した運営環境を整えることができれば、コンテンツの注力へ大きな足掛かりになると考えています。

やはり、維持する事が精一杯という状況では、何もアウトプットできません。無料で楽しめるコンテンツがあっても、いずれそれらがそこにあることが当たり前とビジターに感じられるようになると、真新しさは無くなり、来訪者もいなくなります。収益があってビジネスは成り立つものですから、ロールズとして2016年の最大の課題を「収益」と位置付け、今までの無料コンテンツを維持しつつ、それを埋め合わせれるだけの収益のある有料コンテンツを拡充していきたいと思います。

本年もロールズをどうぞよろしくお願いいたします。

2015年Amazonアソシエイトの収支について

ロールズの2015年のAmazonアソシエイトの収支についてご報告申し上げます。
これは日報トップページにて表示しているAmazonのバナーによる広告収入です。

Amazonアソシエイト収支(2015年)

Amazonの売上+18869円に対して、ロールズの紹介料(広告収入)は+378円でした。なお、トミーテックさんの方向幕関連の玩具を載せているのですが、これらの品は1つも売れていません。ニッチすぎる上に、最近の子供たちが欲しがるようなものではないということでしょう。

あまり関係のない品を載せるのも、と思っていましたが、今年はきちんと考えて興味をもっていただけるような品を掲出し、紹介料4ケタを目指して頑張りたいと思います。