ミニミニ字幕原版ダウンロード第12弾「勝田電車区48x系ひたち」

 こんばんわ、かんりです。ミニミニ字幕原版ダウンロード、第12弾です。
 
 今回は、勝田電車区48x系ひたち号の創作幕です。後期の枠ロゴコマや水戸観梅のあるタイプではなく、初期に近いコマ順を元に創作コマを含む内容で調整しました。
 
 関西の特急くろしお号の初期幕では、普通運用のコマには種別に普通を用い、行き先の漢字は一般車用の幅のもの(少し横幅が広い)が用いられていたことから、今回のひたち号の創作コマにはこれを厳密に適用しました。例えば、ひたち号の高萩行き(12番)と普通の高萩行き(31番)を比べてみて下さい。12番が特急幅の行き先漢字を使っている一方、31番は415系などの一般車両の方向幕用の漢字を使っています。元になる図面が全く異なることによる変化です。幅だけではなくレタリングも異なっていますので、興味を持たれた方はその他の普通のコマも比べてみて下さい。
 現物では「勿来」のコマは相矢コマしか存在しませんが、幕専811-01首都圏中電1の未リリース開発中止の残骸中に勿来が存在したので、これを流用して1コマとして入れてあります。そのほか、いわきのコマは、現物では既存書体のため、国鉄書体へ変更してあります。最後の余ったコマには、創作のLスーパーひたちを投入しました。よりにもよって長距離のスーパーひたちに、アコモのアの字も無いようなボンネットとは何事か!と叱られそうですが、今だったらマニヤ垂涎の的かもしれません。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると14枚になります。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓

 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。
 
 次回は、岡山電車区103系(70コマ一部創作)の予定です。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第11弾「奈良電車区103系」

 こんばんわ、かんりです。おまたせしました、ミニミニ字幕原版ダウンロード、第11弾です。
 
 今回は、奈良電車区の103系です。森ノ宮電車区の旧方向幕をベースに、空きコマに奈良電車区の運用範囲を追加しました。
 
 今回は基本のコマ順をかなり大切にしつつ、奈良電車区の範囲のコマをどのように投入するかで腐心しています。 
 まずは4番の団体を、おおさか東線の矢印幕に変更(NHK熱中時間鉄分補給スペシャル3に出演した時にNHKさんの美術ご担当に提出した版下を利用、ただし海山反転してあります)、40番の重複する大阪を三田に変更、43~45番の並びを変更して広野を塚口へ、48の白コマを46へ移動、区間快速京橋を追加、49番の黒種別西書体の奈良方面加茂は実装せず、50~59番の片町線電化延伸分を1コマ詰めた上で60番以降に奈良電車区の運用範囲でとりあえず必須と思われるものを投入しました。赤い桜井線経由のコマや和歌山線吉野口、橋本以西はありませんが、まぁある程度の範囲では使い物になる内容になっていると思います。模型などの版下用にと考えると38番の西明石はハイフンなしのため、201系東海道緩行線用にも転用できそうです。第6弾の113系のものはハイフンがあります。
 現在では大阪環状線は全て西日本の新フォーマットのものに変更されているので白幕(旧仕様)は見ることが出来ません。「そうそう!昔はこんなだった!」と懐かしんでいただけると思います。それに加えて、おおさか東線の矢印などの「もしあったらこんな感じだっただろうか」というものも入れてあります。ただ、湊町はありません。全てJR難波です。片町と片町線は入っていますので、淀川電車区→森ノ宮電車区→奈良電車区の順番で異動したという設定にでもしておきましょうか。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると22枚になりますが、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。70コマのフルサイズですので、A4縦を30cmとすれば余白も含めて約660mm(つまり約7メートル)の長さを誇ります。インクの使いすぎにはご注意下さい。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。
 
 次回は、特急ひたちの創作幕の予定です。

ミニミニ字幕原版ダウンロード第9弾&第10弾「九州特急485系前後編」

こんばんわ、かんりです。

 第9弾と第10弾を前後2本立てで、九州特急485系の回にあてたいと思います。。

 まずは第9弾は、九州L特急「有明」「にちりん」「かもめ」「みどり」です。現在では近代的な新型車両が活躍していて、485系の継ぎ接ぎコマの方向幕のくたびれたイメージはないですが、あえて全て国鉄書体としてあります。
 鉄道部品ショップで九州485系の実物方向幕を購入すると、殆んど同じコマのものがないんです。お目当てのコマを探しても、おいそれとは手に入らないもので、実際にわたしもこの幕専のコマを作成するために10本近くの側面幕を購入しました。丁寧に国鉄書体になっているものもあれば、特急種別と愛称だけを消して、そこをホームライナーにしたり、英字入り・なしでグダグダのバラバラになっていたり、裏移りして判読できなかったりと、相当にくたびれていました。特に使わなくなった「かもめ」「みどり」のコマが消されてしまっているので、欲しくても今からでは手に入らないこともあります。そんなこともあり、今回は創作オンリーで2本立てとして、1本目(第9弾)は4大特急(有明・にちりん・かもめ・みどり)オンリーで構成、第10弾は普段なら絶対入っている「つぎはぎ」のホームライナーを一挙に集めてみました。ホームライナーだけでは埋まらなかったので、国鉄書体のまま地の色と文字色だけを変えた「きりしま」「ひゅうが」「きらめき」、そして国鉄書体標準体裁の創作「ソニック」を投入しました。
 
 有明は創作色を強くするために最近の運用の行き先に一部差し替えてありますので、有明門司港行、有明西鹿児島行がコマとして存在しません(変わりに光の森、水前寺、武蔵塚になっています)。また、にちりん西鹿児島行は、にちりん鹿児島中央に差し替えになっています。
 シールデカールやテクスチャを作成される方で、前述の有明門司港や西鹿児島系統の幕を表現される場合は、画像処理ソフトなどで種別愛称部分を切り取っていただいて、ホームライナーの方に入れています19番コマの「さわやかライナー西鹿児島行」のコマのロゴ部分と差し替えて作成して下さい。有明門司港、さらには有明鹿児島も、同じ要領で作成できると思います。ただ、ハウステンボスだけは企業ロゴ入りのため作成することができないので、ご容赦下さい。幕専には一応国鉄書体で作って入っていると思います。

 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると14枚になります。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓

第9弾 九州特急485系前編

第10弾 九州特急485系後編

 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

 次回は大阪環状線103系か、もしくは485系特急ひたち号(創作)の予定です。阪和線の113系を作りたかったのですが、新快速と区間快速の種別のみコマの幕専作成が終わっていなかったため、しばらく先になります。
 

ミニミニ字幕原版ダウンロード 第8弾&第9弾「485系雷鳥」「381系くろしお」

こんばんわ、かんりです。

 昨夜の更新の予定が、体調が悪かったため本日分にまとめて更新します。ミニミニ字幕原版ダウンロード、第7弾と第8弾です。

 まずは第7弾、いよいよ特急雷鳥号のラストランが迫ってきました。昔から大阪駅の端の13番線に毎日のように留まっているのが当たり前だったような気がしましたが、いつの間にか数を減らしていたんですね。
 今回は、この雷鳥号の創作幕です。485系で雷鳥のコマをもつものは相当数あり、バリエーションもすごい数がありますので、スーパー雷鳥メインのものと、L雷鳥メインのものを融合させたようなコマ順としました。さらに合間には定位置コマとして、しらさぎ、白鳥、はくたか、北越を入れてあります。フル40コマの仕様です。実際には同じ1本には含まれるはずのないコマが同居していますので、駅名対照表を研究されている方には「!?」な内容ですが、一般の方には雷鳥関連が凝縮されているのでお徳な内容です。ただ一部、スーパー雷鳥の一部、スーパー雷鳥信越などが入っていません。アルペンなども入れたかったのですが、雷鳥の歴史と運用範囲が大きすぎて、余分なコマが全くないです。40コマでは厳しい・・・。

 そして第8弾は、こちらもさよならの声がかかったらしい国鉄色の381系。くろしお号、やまとじライナーでは、雷鳥号と同じように居て当たり前の、珍しくもなんとも無い存在だったと思いますから、いなくなっても実感がすぐに湧かないかもしれません。DD51が環状線から消えた時も実感がなかった記憶があります。
 というわけで今回は、最も初期の「くろしお号」のコマ順を参考に、スーパーくろしお、やまとじライナー、マリンくろしお、くろよん、しはらまのコマで構成しました。これらのうち、矢印のコマは全て国鉄書体標準体裁で2コマに分割してあります。さらにおまけに「まほろば」も2コマに分けていれておきました。国鉄書体だったら、こんな感じになっていたかなという感じです。32コマ目に「はんわライナー」を入れようかと思ったのですが、白コマが無くなってしまうので、ここを白コマにしてFIXとしました。シュプールとリゾートは、1コマ種別のみのシュプールだけが入っています。

 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると14枚になります。これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓

第8弾 

第9弾

 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。

 次回は九州地区485系「にちりん・有明・みどり」を作ってみます。