ミニミニ字幕原版 第6弾 宮原総合運転所113系(創作)

 こんばんわ、かんりです。ミニミニ字幕原版ダウンロード、第6弾をお届けします。っと、その前に、第5弾を昨日付で本日同時更新しております。前日の記事「ミニミニ字幕原版 第5弾 下関総合車両所12系(SLやまぐち)」もあわせてご覧下さい。この記事の一番最後の行に、昨日の記事へのリンク「前ページへ」があります。
 
 今回は、宮原総合車両所の113系です。大阪近郊の東海道山陽緩行線を走り、高槻~明石間を快速運転する普通列車として、かなり長い間活躍していましたが、221系ではなく113系が来た時の残念感は中年以上の方なら強く記憶に持っていらっしゃると思います。方向幕準備状態のまま実装されずに去って行ったりした車もあり、残った車両もLEDになったり、商業書体の黒い幕になってしまったりと影も薄く、当時も意識して見るほどの価値もないような扱いでしたが、いざいなくなってしまうとやはり寂しい感じがしますね。
 
 今回は創作を意識し、旧来の国鉄時代のコマ順と新型の黒幕のコマ順を合わせこんだものをベースに、書体を国鉄書体にしています。まず29~30番の草津線コマを「尼崎」「篠山口」に変更、このあおりで5番と8番の「湖西線」「草津線」が削除、元29~30番の草津線のコマをここに当てはめ、さらに新快速用のコマを57番以降の「方面経由の行き先」と置き換えて空きコマを埋め尽くしたところでコマが足りなくなり、39番の嵯峨野線用の「京都」が14番の京都と重複することから削除した上で、あふれた新快速の西明石を投入、49番と50番の湖西線快速のコマは国鉄書体の時代の版下に無理矢理黒幕仕様の種別だけ重ねたものにして合理化施策を演出、52の京都は湖西線の敦賀に変更、57番には湖西線の近江塩津、58番には本線の近江塩津、60番に2つめの回送としました。本来なら緑色の湖西線のコマのところ、ラインカラー設定に変えるということで、草津線のコマと合わせて色を変えて刷りなおされたということにしました。
 敦賀への新快速延長は、実は国鉄時代にいち早く近江塩津まで直流電化開業していた上で大幅に後日のことだったという架空設定で、新快速の敦賀、本線の敦賀のコマはありません。本線引退後は福知山線の大阪-篠山口間に積極的に充当されたということにして、51番の大阪は福知山線の快速用に「快速大阪」に変更、この時すでに黒仕様の幕が標準になっていたという設定で、51番のみ新型フォーマットになっています。(訳が分からん!なんちゅうややこしい話をしてくれたんや!という声が聞こえてきそうですが・・・)。
 
 元々、幕専はこのように架空設定を元に鉄道趣味家の皆さん各位が思い思いに楽しめるように、組み合わせに必要なコマは広範囲にそろえていました。本来国鉄書体で「種別あり」の近江塩津の版はありません(流用できる幅の北陸線の食パン電車419系側面にも無いと思います・・・)。そのため幕専では413系電車の幕にある「近江塩津」を種別有幅にわざわざ作り直して、1コマ設定したりしています。今回の創作幕の後半に新快速のコマがありますが、種別は阪和線の実在コマを使用して、種別有の行き先は殆んどが幕専創作コマです。網干、上郡、野洲など、実はありそうでありません。岡山の103系前面幕に存在した「播州赤穂」の漢字だけを持ってきた「種別有の播州赤穂」、湖西線の緑コマから拝借した「種別有の永原、近江今津、近江舞子、堅田」、419系の側面にある「長浜」はそのまま種別有幅として流用できますが、あえて113系側面の「長」の字を当てて作ったり、福崎や寺前はそもそも国鉄書体が存在しないので、全国の幕資料からかき集めた漢字で1から作ったりしています。修善寺の寺と前橋の前、福井の福に川崎の崎、もし当時の担当が図面を発掘できていたら、あるいは・・・、そんなことも考えながら作ってあります。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると22枚になりますが、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。70コマのフルサイズですので、A4縦を30cmとすれば余白も含めて約660mm(つまり約7メートル)の長さを誇ります。インクの使いすぎにはご注意下さい。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。
 
 次回は何にしましょうか?
 

■■■<お知らせ>■■■
 
 複数の方より「幕専」をどうやって手に入れたらいいのかというお問い合わせを受けています。残念ながら、もうリリース管理や版数管理、サポートをする力も、外部に開発を発注する資金力もなくなってしまいましたので、一般向けの開発は完全に終了という認識です。
 どうしてもという方には、幕専データが幾つか入っているCDとしてコミックマーケットC77で配布しました「C77アーカイブCD」が、あと数枚残っています(のりこみ2010時点で26枚で、そこで半分以上配布しましたので、たぶんあと10枚ちょっとくらいです)ので、郵送配布希望の旨でメールで連絡していただければ個別に対応いたします。ページの下のフレームに管理人宛のメールアドレスがあります。同人配布で商売ではないので、法人名義や業者さんはお断りします。500円ですが、今回は切手によるお支払いのみとさせていただきます(現金の郵送に制約があるためです)。アーカイブCDに関しては、2009年12月28日の記事に内容などが書いてあります。
 原本ももうありませんし、新規作成することもありませんので在庫限りです。「C77」と「のりこみ2010」の会場配布では、お好きなミニミニカット絵幕を1枚おまけに付けさせていただきましたので、今回最後の分の郵送配布についても、ミニミニカット絵幕を1枚ご希望のものをお付けします。壁紙として公開している図案から1つ選んでいただき、希望としてお書き添え下さい。なお、CD品切れの際はご容赦下さい。
 
 メールには、住所 氏名 年齢 電話番号 希望ミニミニカット絵幕 をお書き添えの上、お送り下さい。こちらから、郵送配布に関するご案内を返信いたします(特定商取引法に関する表示を含みます)。基本的には、返信用封筒と切手を含む、封筒による郵送申し込みとさせていただきますが、詳しくは返信としてお送りするご案内メールの本文を別途参照下さい。以上宜しくお願いいたします。

ミニミニ字幕原版 第5弾 下関総合車両所12系(SLやまぐち)

 こんばんわ、かんりです。ミニミニ字幕原版ダウンロード、第5弾をお届けします。今回は、下関総合車両所12系(SLやまぐち号)の方向幕をイメージしました。
 本物とはかなり近いながらも、64~65コマの「SLやまぐち」は、図面由来文字で国鉄書体になっています。また、14系座席車(あかつき用)の図面を元に、変更扱いで発注したという仮想設定としたため、67~68に「あかつき」のコマがあります。座席車でこのコマ番に「あかつき」があること自体は歴史的背景があり、実在します。現在の「やまぐち号」は、レトロ書体を使っていますので、似ても似つきませんが・・・。
 
 幕専は、「幕専815全国客車列車(行入の枝番05)」をメインに、「幕専804-01西日本列車L特急」を使って小郡の種別有幅、「幕専806-01西日本標準Part.1」を使用して新山口の種別有幅を、「幕専803-01全国寝台特急行」を使用して特急あかつきの2コマを出力しました。
 華やかさもあまりない行き先だけの座席車幕ですが、元となる図面は1枚あたり2コマの超豪華仕様で、昭和44年11月27日に黒岩保美氏によって作成されています。この図面から「行」が削除されたのが、変更履歴によると昭和57年11月01日です。もっと昔に更新されていたのかと思っていましたが、意外と長い間「行入り」が標準の期間があったようです。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると22枚になりますが、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。70コマのフルサイズですので、A4縦を30cmとすれば余白も含めて約660mm(つまり約7メートル)の長さを誇ります。インクの使いすぎにはご注意下さい。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 
 昔の客車列車の方向幕には、全国津々浦々の行き先が入っていました。回送コマは最も上のコマにあるので、終着駅の行き先の巻取りでは、色々な行き先を見ることが出来ました。立ち止まって、じっと見ていた記憶がある方も多いのではないでしょうか。このミニミニ字幕で、ひとときのノスタルジアを楽しんでいただければと思います。
 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。
 
 次回は宮原総合車両所113系電車(創作)を予定しています。それではどうぞご期待下さい。

ミニミニ字幕原版 第4弾 長崎鉄道事業部14系(創作)

こんばんわ、かんりです。

 ミニミニ字幕原版ダウンロード、第4弾をお届けします。今回は、本物とはちょっと趣向を変えて、幕専本来の使い方である「自由な種別行き先の組み合わせ」を駆使し、末期の寝台ブルートレイン客車の方向幕を創作で作ってみました。
 大元になるのは、西日本旅客鉄道の共通寝台客車幕(通称:黒幕)です。九州旅客鉄道と西日本旅客鉄道は、利用者好調の(ここから架空鉄道のお話w)寝台特急は存続させるという合意に達し、JR西日本(架空)が先に開発していた共通寝台客車幕の仕様に合わせて、JR九州(架空)がそのコマ順を踏襲してオリジナルで作成したという架空設定です。
 基本的な並びは西日本共通寝台客車幕(黒幕)のコマ順を踏襲し、新幹線で使用することになった「みずほ」、西日本の特急として現役で活躍する「いなば」と絵幕のない「安芸」、JR東日本管轄となる愛称の設定を全て削除した上で、単発の行き先や臨時特急「明星・彗星」で埋めたという架空設定です。「だいぜん」の出雲市設定は後日削除され、気動車運用に合わせられたという設定で、「だいせん」の2コマは経由標記の米子快速となっています。最終コマ70番は本来なら余白なのですが、九州新幹線に急遽愛称を譲ることになったという設定で「さくら」の最終運用「さくら:鳥栖」が加刷されています。
 印字と出力には、「幕専803-01全国寝台特急行」と、「幕専804-01西日本列車L特急」を使用して印字しました。幕専一般公開中にダウンロード済の方は、「ここのコマをこれで出力したのか!」と添削されると面白いですよ。こんなに簡単に字幕原版を自由に印字できたのに、殆んどダウンロードも使用もされなかった幕専プログラム、今一度「なるほどこういう風に使う物だったのか」と再発見があると嬉しいですね。
 
 ミニミニ字幕原版は、A4ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると22枚になりますが、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。70コマのフルサイズですので、A4縦を30cmとすれば余白も含めて約660mm(つまり約7メートル)の長さを誇ります。インクの使いすぎにはご注意下さい。エプソンのスーパーファイン紙(ロール紙)が綺麗ですが、蛍光灯による裏からの照射には対応していないため、本来用途には高額なバックライトフィルムが望ましいと思います。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。↓
 

 創作字幕ですので、本物の幕に同じ対照表のものは存在しません。その為、差異を作る小細工はしていません。本来なら70番が白コマという架空設定で作りましたが、今回は「さくら鳥栖」のサヨナラのコマを加刷したという設定のため、空きコマは1コマもありません。手回しでエンド余白を代用してください。字幕漢字は図面由来文字をさらにブラッシュアップしているので、かなり真に迫る内容になっていると思います。ご自身で印刷され、ひと時ブルートレインへの思いを馳せるというのもまた一興です。
 
 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず「配布を伴う用途」に用いることはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)。
 
 次回はSLやまぐち号の12系客車を予定しています。幕専815-01をベースに作ります。それではどうぞご期待下さい。

1/26 8:00追記 前回の中央線幕の「四方津」が「四万津」になっていたため、修正アップいたしました。1/26午前8:00以前にダウンロードされた方は、再度ダウンロードをお願いします。恐れ入ります!(E様、ご指摘ありがとうございました!)

ミニミニ字幕原版 第3弾 中央快速線201系

みなさん、こんにちは。ロールズのかんりです。

 ミニミニ字幕原版ダウンロードサービスの試験運用、第3弾は、中央快速線の201系です。今回はほぼフルスペック後期仕様の側面幕に、おまけ3コマを追加した仕様です。本物の版を単に縮小した某社製品がありますが、ロールズの原版は全文字を1画づつ再調整・アウトライン化・再組み立てしていますので、たぶんどこの製品よりも綺麗に印刷できると思います。またE233系等でハイフン組が標準となっている旧国名入りの駅名には、これを踏襲してハイフンが入っています。
 廃版となった幕専の011-01と、これで足りない「相模湖」などのコマを追加した作業用幕専を使用して出力しました。幕専便利だったんですけどね・・・、確かに面倒なんですよね。この1本の原版用Excelファイルの作成とPDFチェックまでに4時間かかりましたから、ちょっと嗜む程度という訳にはいかないですね。休日の4時間というと結構大きいです。ミニミニ字幕原版を使えば、ただ印刷するだけですから簡単だと思います。是非使ってみて下さい。
 
 ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると22枚になりますが、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。70コマのフルサイズですので、A4縦を30cmとすれば余白も含めて約660mm(つまり約7メートル)の長さを誇ります。インクの使いすぎにはご注意下さい。
 使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。
 

 
 本物や他社製品と区別できるようにするために、3コマのオマケのコマが入っています。該当するのは63番の「上諏訪」、68番の「東桂」69番の「各駅停車東桂」です。スターマインやナイアガラは入っていませんので、欲しい方は印刷したものの56番と70番に空きコマがありますから、そこにカッティングシールなどで追加して下さい。市販のポップ書体ですから、ロールズとしてはアウトライン化や幕専化はしませんでした。
 
今後も継続して、ミニミニ字幕原版シリーズを追加していきますが、もし、リクエストやご提案があればコメントをお願いいたします。
 (前回、前々回の武蔵野線205系と南武線205系のPDFについても、細かな点の修正をして再アップロードしましたので、最新版に更新したいという方は再度ダウンロードをお願いします。種別と行き先の間の空白の厳密調整と、終端標記の文字サイズなどを変更し、メタ情報を追加しています。)

 ミニミニ字幕原版は、配布を伴わない個人の趣味範囲であれば制限なく使うことができますが、営利非営利を問わず配布を伴う用途に使うことはできません(PDFファイル本体およびその印刷物共に同様)。改変も許されません。ライセンスは幕専使用許諾条件が適用されます。これらのお約束に抵触する場合は、別途ロールズへの許可依頼をお願いします。守っていただけない方や、団体、企業さんが出てきたときには、また幕専の時と同じように「一般公開中止」の可能性があります。宜しくお願いいたします。
 特例条件で許可されるケースもありますので、詳しくは幕専使用許諾書をご確認下さい。(2のイロハニホ各項に条件が記載されています)

ジェ●ンニが一晩でやってくれました

 さて、南武線の205系に新しい方向幕が入ったという情報があったので、早速ネット上のブログさんを巡回して、それっぽい画像をチェックしたところ、国鉄書体の経由幅文字に横ラインの3色線で仕切りをつけて、ローマ字を小文字にした幕であることが判明。

 ミニチュア字幕原版ダウンロードサービスの試験運用に最適だ!というわけで、ジェ●ンニが一晩でやってくれました。南武線の新幕風味・創作ミニチュア字幕です。

 ロール紙に印刷すれば、印刷するだけでミニ字幕1本が完成します。普通のA4紙に印刷すると9枚になりますが、これらを全て縦にテープなどで連結すれば、同じように1本の字幕を作ることができます。使い方は至って簡単で、AdobeReader(AcrobatReader)のインストールされたPCでPDFを開いて、印刷するだけです。↓の画像をクリックしていただければ、原版PDFが開きます。

 回送・試運転・臨時・団体については、ローマ字があるかないか分からなかったので、とりあえず無しで作っています。17~20のコマは「おまけ」です。本物の対照表には無いようですのでご注意下さい。

 ミニ字幕原版を作成するノウハウがどんどん蓄積されつつあります。今後、専用ページを作って全国津々浦々を網羅するつもりなので、応援宜しくお願いします。幕専の挫折ごときで萎むかんりではありません。反骨でがんばります。

 このくらいの幕デザインなら無料でやりますから(そもそも上のミニチュア字幕原版の工数はたったの8Hですので、実質1人日で終わってます)、JRさんや関連企業さんで「デザインコストを出来るだけ下げたい!」という場合はこっそりウチに依頼してください。PDFからIllustratorファイルを作ったりも出来ますよ。それではまた。