東北地区標準1 創作コマのご紹介 Part2

かんりです。今日も東北地区標準からいろいろとピックアップしていきたいと思います。

1.堺田

 仙石線や、701系の走る地区については側面幕の素材には困らないのですが、LED車しかいないとか、気動車しかいないところとなると、文字からすべて手作りしなくてはいけないコマが出てきます。というわけで、堺田ですが、「田」は使いまわします。問題は「堺」、土へンは「城」から改変することにしました。「界」部は、法界院の「界」をモチーフとしていますが、これがまたかなり異端な格好をしているので補正しました。バランスを取るのがすごく難しい文字だと思います。ちゃんと様になったかどうか・・・。

堺田

堺田

2.気仙沼

 気動車しかいません。しかしその割にこの地区の気動車には前面幕に行き先を表示するものがあります(全国一般的に気動車は種別のみを表示していて、行き先や区間は側面のサボに記載されるようです)。気仙沼は前面ローマ字なしとして例が存在します。しかし全国企画幕専はあくまで電車側面をベースに踏襲していますので参考までとしました。「気」は和気から、「仙」は仙台、「沼」は沼津タイプを採用しています。この地区に701系が走っていたら、こんな感じだったのかもしれません。

 

気仙沼

気仙沼

3.本吉

 こちらも同様の例です。気動車前面にローマ字なしの例だけが存在します。幕専では12系客車から「松本」+「人吉」で対応しました。「本」を本庄と同じくすることも出来ますが(こちらのタイプのほうが例が多い)、参照したのが図面なのだという脳内設定で考えると、ここは12系で揃えた方が自分が納得できます。ちなみに瀬戸内115系の図面だったと仮定しても「(本)郷」+「(吉)永」で、前述の12系と文字は同じになります。本庄、杉本町と同じタイプの「本」を使うと、じゃあ「吉」は別に持ってきたことになってしまい、なんとなく納得できないのです。同じところから引っ張ってきたと考えるほうが合理的です。701系の本宮は、この12系タイプの「本」です。一般の人には何がどう違うのか分からない世界だと思いますが。

 

本吉

本吉

「本」は12系松本から

「本」は12系松本から

「吉」は12系 人吉から

「吉」は12系 人吉から

「本」のデザイン違い 本庄、この字の例は他にも沢山ある

「本」のデザイン違い 本庄、この字の例は他にも沢山ある

4.盛

 一文字駅名です。もし仮に実在していたとしても、盛岡から「盛」字を使いまわすだけだったでしょうから、この通りになっていたのではと思います。1文字駅名はいいですね、変に引き伸ばして大きくすることなく、広い横幅にポツンと真ん中に収まっているのがまた何ともいえません。ひらがな書き3文字の「さかり」も別に収録されますから、大船渡線が電化して701系が走っているという設定でも十分対応可能になっております。

盛

少ないですが、今日はここまでです。明日も引き続き東北地区標準のピックアップでお楽しみ下さい(何が楽しいのかと言われかねない^^;)。

東北地区標準1 創作コマのご紹介 Part1

かんりです。

現在は幕専年内リリース分の既存漢字のみの配置作業を通しでやっている工程です。通しで配置が終わったら、アウトラインを作成していない漢字を1つづつ作っていきます。最後に種別を作って完成になります。ローマ字は全て出来ているので、漢字+種別だけですが、さすがに相当量あるので挫けない様に一層がんばる必要がありそうです。

というわけで今日から東北地区標準に入ってきました。東北はさすがに広く、行き先設定も多々あるため1~3の3データ構成です。ところが種別が殆ど東日本電車L特急に入っているので余りすぎている状況になっています。埋め方は追い追い考えます。

1.多賀城

幕専の 多賀城

幕専の 多賀城

 さて、この多賀城は本物と採用字形が異なります。どの文字だか分かりますか?

103系 側面 多賀城

103系 側面 多賀城

 ぱっと見て、「ん?」と思われた方はかなりの通でしょう。答えは、「城」です。実は多賀城の「城」は、全国広く採用されている城の字と異なったものが使われています。なぜこの字を当てる必要があったのかが全く分かりません。
 103系ですから当然前面は側面と字形が異なります。このことを考えると、仙石線の方向幕で「城」の字を使う必要が出てきたが、その時点で103系前面における「城」の入った行き先が存在しなかった(城陽は西日本書体のため、厳密に国鉄書体で「城」を持つ行き先は存在しない)、というわけで作らざるを得なくなったため前面を新規なら側面もそのまま一緒に新規ということだったのでしょうか。

 「多」に博多タイプが投入されていますから、客車幕は使えたはず、とすればその図面または版に「城崎」または「都城」がなかったとしか考えられません。いや、もしくは201系の奥多摩の可能性もあります。そうなると関東地区でかなり近年使ったことのあるものしか使えなかったのか。「賀」には横須賀タイプが投入されていますから、総武横須賀線の版は使えたのでしょう。しかし総武横須賀線には「城」の付く行き先の設定がないので「城」は流用することができませんね。
 幕に設定があり、「城」の付く駅はいくつあるでしょうか。「城崎」「都城」「西都城」「稲城長沼」「新城」「城陽」がありますね、このうち4文字駅名の稲城長沼は漢字の幅が異なるので却下(この「城」、実際はブルートレインの特急コマの都城の城を使いまわしています)、新城は矢印幕しかないので却下、城陽は西日本書体なので却下、となると都城か西都城か城崎しかありません。どれもかなり古いはずです。というわけで探すより作った方が早い、となったのかもしれませんね。真相は神のみぞ知るところですが・・・。

 

103系前面 多賀城(側面とは少し字形が異なる)

103系前面 多賀城(側面とは少し字形が異なる)

103系側面 城陽 完璧なまでの西日本書体

103系側面 城陽 完璧なまでの西日本書体

12系客車 都城「城に点がない」

12系客車 都城「城に点がない」

12系 城崎「都城と同じ幕内だがこちらには点がある」

12系 城崎「都城と同じ幕内だがこちらには点がある」

717系 西都城

717系 西都城

103系側面 稲城長沼(209系でも同じ)

103系側面 稲城長沼(209系でも同じ)

109系 新城は矢印コマ

109系 新城は矢印コマ

 

2.高城町

幕専の 高城町

幕専の 高城町

 

103系側面 高城町

103系側面 高城町

 こちらも仙石線103系の1コマですが、高城町にも先の多賀城の「城」が使いまわされているため、これを一般的な字形に置き換えます。これによって仙石線オリジナルの「城」はボツになりました。都城の「城」は、当初「成」の点が欠落していてミスプリだったものを後年修正したはずです。城崎にも使っているし、探せばあったはず。前面は例がないですが、側面は例がたくさんあるのだから、それを踏襲して欲しかったと思うわけです。たぶん前面タイプの幕専を作る段になれば、前面については復活すると思います。
 憶測になりますが、この城を書いた人物、もしかしたら「羽後境」の「境」の字もレタリングしている可能性があります。私見ですが、土へンの処理に共通性が見えます。図面の署名を確認できないので憶測の域を抜けませんが。「羽後境」の「境」は他に例がないので1駅1例の原則で、オリジナルのまま投入されています。

 

701系 側面 羽後境 土へンにクセがある

701系 側面 羽後境 土へンにクセがある

3.東塩釜

幕専の 東塩釜

幕専の 東塩釜

103系 側面 東塩釜

103系 側面 東塩釜

次に東塩釜ですが、こちらも本物と採用字形が異なります。どの文字だか分かりますか?ぱっと見て、「ん?」と思われた方はかなりの通でしょうね、間違いないです。答えは「塩釜」です。塩の土へンにまた特徴的な曲線が現れています。たぶんこれは担当した人の趣味だと思うのですが。前面の城を見てもこの曲のこだわりを感じます。しかし標準化が大命題の幕専では中途半端なデザイン違いは認めません。元来の塩尻タイプの誤差の範囲として考え、これを塩尻タイプに置き換えています。また「釜」の字は、これはこれでオリジナルは面白い形なのですが、前面タイプの圧縮でしかない可能性が高いためボツです。そこで釜戸タイプに置き換えています。103系は前面と側面で文字の縦横比も字形も異なるのが正統なのですが、ものによってはこれのどちらかを一方へ使いまわしたり(ex.前面笠岡→側面笠岡へ圧縮使いまわし)ということが行われるようになります。用途を変えて、あえて元々別に作られているのですから踏襲したいものです。

 

103系前面 東塩釜 側面の釜の字はこれを流用か

103系前面 東塩釜 側面の釜の字はこれを流用か

165系前面 塩尻 土へンに曲がりがない(115系も同じ)

165系前面 塩尻 土へンに曲がりがない(115系も同じ)

 
というわけで長くなってきたので、今日はこのあたりで。仙石線のカラーコマ、特別快速うみかぜ、などなどを含めて、いろいろ表現できる種別が入る予定です。前面の開発に着手できるところまでいっていないので、側面だけになってしまいますが。それではまた。

東海地区標準(1~2) 創作コマのご紹介 Part5

かんりです。東海地区標準2データからのピックアップは今日で最後です、明日からは東北地区標準の作業に入ります。

1.熊野市

 このあたりのローカル線の雰囲気はとても良いですね。時間を急がない年配の方々の会話に、中学生や高校生のおしゃべり、多めにとられた停車時間によって緩やかな時間の流れに身を置くことが出来ます。10両編成以上の電車が同じ方向に併走するような、数分置きに電車が到着しているのに全く人気が無くならないホーム、無機質な機械音声だけが響く無言の車内、同じ鉄道でもここまで違うものですね。
 さて熊野市ですが、熊は一度「熊本」からとりましたが却下、「熊取」にしました、野は「日根野」です。市も一度、伊勢市から取ったのですがバランスの問題から「白市」のものに変更しています。例が複数あるものは組み合わせの考察に時間がかかりますね。

 

熊野市

熊野市

2.勝川

 対しての勝川はあまり悩まない文字です。「勝」は勝浦、「川」は品川です。「川」の字が単純すぎてあまり分からないのですが、山と同じくかなり多くのバリエーションがあります。変化のつくところは、中棒が長かったり払いの角度が違ったりというところだけなので並べないと分かりません。幕専ではある程度種類を絞って(誤差とみなしてボツにしている)、3種類程度で運用しているので、かなり観察眼が鋭い方には、「ああここは端折ったな」というのが分かると思います。そこまで見ていただければ、こちらもそれだけいろいろ検討を重ねて腐心しているのだなというのが伝わりますが、一般の方にとってはどうでもいい話ですね。

 

勝川

勝川

3.小田井

 この駅名を見て真っ先に思い浮かんだのが「小田原」です。たぶん皆さんもそうでしょう。どこかのコマから漢字を拝借する必要があるとなれば、この駅名の場合、小田原しかないですね。というわけで小田原から小田をもってきて、軽井沢の井をはめ込んで完成。井は福井タイプもありますが、小田原のコマが185系ということで、つながりを意識して軽井沢です。なお、「小」の字に補正が入っています。これは全般的に「小田原」タイプの「小」の字が小さい(他の文字との組み合わせでどうも違和感がある)ように見えることから、左右の羽を広げています。これも全漢字の標準化という幕専の課題の1つの結果だとご理解ください。本物の小はもっともっと小さいです。「小樽」のコマが分かりやすいと思います。

 

小田井

小田井

711系 側面 小樽

711系 側面 小樽

 
4.伊賀上野

 東海地区標準からのピックアップは、この伊賀上野がラストです。恐らくローマ字入りの側面タイプは実在しません。「伊」は紀伊田辺、「賀」は常陸多賀、「上」は備前片上、「野」は安芸中野、全て4文字駅名幅の漢字だけを寄せ集めてあります。側面種別なしの場合、2文字駅名と3文字駅名までは文字の幅が同じですが、4文字からは幅も版も変わります、そこを意識してチョイスしています。ただ、最近の澤田商工さんの幕などは2文字駅名漢字を横に圧縮して使ったりということをやっているので、昭和後期から平成後の製作幕では、この原則が通用しないものもあります。幕専では基本的に、版は分けています。

 

伊賀上野

伊賀上野

キハ120系 前面 伊賀上野

キハ120系 前面 伊賀上野

というわけで東海地区標準でした。東海地区の幕専は一部(静岡以東)だけはリリースされていましたが、豊橋~名古屋~米原や関西線・中央線などは殆どなかったはずなので、大きく表現性が増すと思います。特に前面に行き先を表示した165系、飯田線の109系、大垣所属の113系などの表現には不可欠になると思います。明日からは東北地区標準の創作コマからピックアップをしていきます。それではまた。

東海地区標準(1~2) 創作コマのご紹介 Part4

かんりです。今日も東海地区標準2データからのピックアップをメインに書いていきます。

1.松阪

キハ11系にのみ設定があるものの前面、山陽式の幕ですから図面も違うようです。文字の形を見る限り、客車列車ベースの文字を当てようとしていた様に見受けましたので、ここは客車側面の似た文字を当てる方が良さそうだという結論に達しました。12系客車幕から「松本」+「大阪」です。全く関係のない話ですが、大リーグで活躍している日本のピッチャーは「松坂(まつざか)」さんですが、こちらは松阪(まつさか)駅です。

 

松阪

松阪

2.多気

紀勢線が電化されていて、109系なんかがたくさん走っていたらこんな多気行きの側面表示が見られたのかもしれない。実車では前面しか方向幕がないことと、書体も異なります。側面タイプなら恐らくこうなったであろう、「博多」+「和気」の構成です。紀勢東線が電化路線だったら?、そんなシチュエーションのレイアウトを作成される際には、是非ロールズの幕専をご利用下さい。

 

多気

多気

3.二見浦

不思議なのは「二見ヶ浦」ではないことです。「ノ」や「ヶ」が無理やりにも入れられている駅名は多いのに、この二見浦だけは「が」を省略して3文字駅名になっています。面白いですね。「二」は二戸から、「見」は鶴見から、「浦」は土浦から。「見」の字が跳ねているので、浦は「南浦和」タイプを当てたほうがいいかもしれませんね。リリースまでに結論を出したいと思います。

 

二見浦

二見浦

跳ねない浦は土浦タイプ(415系側面)

跳ねない浦は土浦タイプ(415系側面)

跳ねる浦は南浦和「103系側面」

跳ねる浦は南浦和「103系側面」

 
4.三瀬谷

こちらもキハ11系の前面には存在します。しかしチョイスされている文字形は異なります。幕専では「三石」+「河瀬」+「南小谷」で、オーソドックスな雰囲気となるようにしました。瀬の字がいくつか例があって、それぞれで質感が異なるので選ぶ時は全体との兼ね合いで。谷も同じくですが、こちらは極端に雰囲気が違う例が2例。キハ11系の前面の場合、谷は「谷浜」で使われているものに近いようです。ただし、見た目は同じようにみえますがトレース目標として輪郭を重ねると別物だったので、参照図面は同じだけれども版が違うというパターンなのかもしれません。

 

三瀬谷

三瀬谷

キハ11系 前面 三瀬谷

キハ11系 前面 三瀬谷

115系側面 谷浜「谷はこのタイプか」

115系側面 谷浜「谷はこのタイプか」

 
5.紀伊長島

さらにこちら紀伊長島もキハ11系の前面がありますが、かなり微妙なので参考まで。。側面4文字タイプとしては紀伊田辺や紀伊勝浦という例があるので、「紀伊」はここから取りましょう。「長」は4文字駅名タイプでは稲城長沼が、「島」も4文字駅名タイプとしては西鹿児島があります。とりあえず切り貼りだけでいけそうです。ローマ字が配置されていればさらにそれっぽく見えるところなのですが、作業工程上、ローマ字との合成は最後ですので完成間近まで見ることは出来ないのです、すみません。

紀伊長島

紀伊長島

キハ11系 前面 紀伊長島 少しいびつである

キハ11系 前面 紀伊長島 少しいびつである

というわけで今日の5コマはここまでです。普通の模型シール屋さんでは、本物しかあまり作らないので、紀勢線の客車幕で「伊勢市」「新宮」「紀伊勝浦」はあっても、国鉄書体で電車幕タイプの「多気」や「三瀬谷」「松阪」というものはたぶん作らないでしょうから、そういう脳内シチュエーションで模型を楽しむ方々にとっては役に立つと思います。また、東海地区の気動車は前面幕に種別ではなく行き先駅名を表示するものが多いです。東海書体の代替として、これらコマを使うという手もあるでしょう。ローマ字さえ小文字に置き換えてあげれば、模型レベルではそれほど違和感がない仕上がりにはなると思います。明日で東海地区標準はピックアップ終了ですそれではまた。

東海地区標準(1~2) 創作コマのご紹介 Part3

かんりです。今日から東海地区標準2データへ入ります。

東海地区標準2は、主に非電化区間と、幹線の経由コマ、そして飯田線全般が収録されます。まだ愛称などの種別については何を収録するか決まっていませんが、経由注記の稲沢停車や飯田線普通区間注記、御殿場線や身延線の特急などが収録に成ると思います。かなり余りそうな種別コマには、いろいろお遊びデータでも投入しておこうと思います。では今日の5コマです。

 
1.上大井

 国鉄時代に設定のなかったコマ・シリーズの1つです。「上野」+「大船」+「軽井沢」の組み合わせです。上の字のバリエーションは、「上総湊」で例のある棒が上に向かないタイプを除いて、ほぼ誤差の範囲です。上総湊の「上」の字はボツとして扱っているので、実質「上」の字がきたらこのアウトラインだけを当てています。「大」は大阪の2パターンで若干異なるところがありますが、均整の取れた方を使います。これは全国「大」のつく設定のコマは殆どがこれを使っています。「井」は柳井・福井などで見られるタイプと、小金井・春日井・軽井沢などで見られるタイプがありますが、ここでは後者を使っています。

 

上大井

上大井

2.鵜沼

 国鉄時代に設定のなかったコマ・シリーズの1つで、漢字も「鵜」については全国に例がありません。よって創作の流れになります。「弘前」から弓を取り、「弟」を作成したあと、「鶴」から鳥を拝借して組み合わせました。ちょっとどっしりし過ぎかなという感もあるのですが、とりあえずはこれで。沼は沼津タイプですが、若干天地を補正したので、本来なら「刀」と「口」が僅かに接しますが、このコマでは離れることになりました。パーツ単位で配置して体裁を確定される幕専ならではの例です。

 

鵜沼

鵜沼

3.可児

 国鉄時代に設定のなかったコマ・シリーズの1つです。このコマを作ろうとしたとき、可は「可部」から取ればよいな、そう思って原本を見に行くと実は部品がなかったので、あれっ?保存し忘れたかな?西日本標準で網羅してるはずだし、と考えながら過去コマを見に行ったのですが「ない」。もしや「可部」が取りこぼし状態なのでは!?という嫌な予感、・・・結局予感は的中しました。とりあえずトレース素材から「可」をつくり、鹿児島の「児」と組み合わせ、完了。しかし「可部」をどうするか・・・西日本はもうぎりぎり入らないコマがいくつもあって、かなり一杯一杯だったと思うので、これは困りました。西日本地区標準リリースから相当日数たってますが、「可部がない!」という苦情はなかったので、あまり人気がないのでしょうか・・・可部・・・。

 

可児

可児

4.半田

 国鉄時代に設定のなかったコマ・シリーズの1つです。この半の字が、ありそうでありません。例にないので創作です。「王」を改変して、点をくっ付けて作成しました。単純な文字でもバランスという意味では悩むことが多いです。この文字も最終的にはまた修正してからリリースになるかもしれません。

 

半田

半田

5.津

 国鉄時代に設定のなかったコマ・シリーズの1つです。もしかしたら気動車では設定があったのでしょうか、ともあれ電車側面タイプでは存在していないと思います。1文字のパターンは、やはりインパクトがありますね。「呉」「巻」「旭」など1文字駅名は色々ありますが、なかなか趣があって宜しいと思います。しかも読みも1文字です。アルファベットでは3文字ですが、これは多分「由宇」のYUUと同率首位の短さかもしれません。

 

津

今回の全国企画幕専は、気動車オンリーの区間も、LED車オンリーの区間も、はたまた側面幕のない車両ばかりの区間も全部ひっくるめて、「電車側面タイプ」の体裁(漢字の下にアルファベットあり)で作ります。ありえないけれども、いかにもありそうな雰囲気のコマが続々収録されています。単に存在した列車の再現だけの模型なら不要でしょうが、「もしも~なら」という設定のレイアウトなら、大いに活用していただけるでしょう。むしろ、そういったコンセプトの模型シールは殆ど出ていませんね。ユーザ各位に楽しんでいただける内容になるよう、一層がんばりたいと思います。